子どもに優しくできないと嘆いているあなたへ


「優しくなりたい」

「優しく接したい」

 

 

それなのに、ついつい子どもに厳しく当たってしまう。

そんなことって、あるよね。

 

 

自分の心のグラスが空っぽだと、ついつい厳しく当たってしまうんだなぁ。

だから、まずは自分の心を満たしていこう。

 

 

「やりたいこと」をやることよ。

まず、自分が「やりたいこと」、一つでいいからやってごらん。

 

 

我慢は良くない。

「私、お母さんだから」なんて言わないで。

 

 

まず、「やりたいこと」を一つだけやってみるの。

 

 

どうだった?

やってみるとわかるんだ。

「やりたいこと」をやるって楽しいよね。

 

 

我慢ばかりしているとね、我慢グセがつく。

たぶん、もうあなたは我慢グセがしっかりついてる。

 

 

そうするとね、周囲の人にも自然と「我慢」を押し売りしちゃう。

コントロールしたくなる。

 

 

私も我慢してるんだから、あなたも我慢しなさいよ、ってなるのね。

 

 

だから、あなたも「やりたいこと」をやってほしいの。

もっと自由を味わってほしいの。

 

 

私も「やりたいこと」をやってるから、あなたも「やりたいこと」をやりないよ、って思えたら優しくなれるんだ。

コントロールを手放せる。

 

 

自分に優しくなれないと、他人に優しくなんてできないよね。

 

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。