ビジネスは教えられたことを教えられた通りにできる人が最強説


よく耳にする言葉が

「言われたことしかできないようじゃダメ」だ。

「もっと自分で考えて行動しろ」とか「言われる前にやれ」とかもよく聞く。

 

 

で、そういう言葉を真に受けて、言われたことをやらない人が多いなぁ…と思う。

言われたことを言われた通りにやれるのが最強なんですけどね。

 

 

僕がビジネスをしていて思うのは、「教えられたことを教えられた通りにやる人」が少ないことだ。

手法にオリジナリティーはいらない。

 

 

実はコンテンツにもオリジナリティーはいらなくて、既存のコンテンツを切り口やターゲットを変えてリリースし、成功例が多数ある手法で展開していくだけである。

「教えられたことを教えられた通り」にやったり、「言われたことを言われた通り」にやったり、他者の成功事例を再現するだけで結果は自ずとついてくる。

 

 

だから、言われたことを言われた通りにやれるのが最強なのだ。

 

 

で、そのあとで自分で考えて行動する。

一度経験すると、その経験は蓄積され、自分で考えることができる。

未経験のうちは、経験がないのだから、考える材料がない。

 

 

うまくいかない人ほど「言われたこと」をやらない。

「教えられたこと」を教えられた通りにやらない。

 

 

僕はまず行動することが大事だと口を酸っぱくして伝えている。

行動すると、次の風景が見える。

次の課題が見えるし、次の行動も見える。

その行動を粛々とやっていくだけでいい。

1日1アクション起こせば、365日後にはとんでもない先まで進んでいくことになる。

 

 

でも、ほとんどの人は「こうしたらいいのかな?、ああしたらいいのかな?」と悩み立ち止まる。

立ち止まっている間、見えている風景は何も変わらない。

悩んでる時間が無駄なのである。

 

 

そもそもその「やり方」が正しいかどうかなんて、誰にもわからない。

行動してみて初めて、正しかったか間違っていたかがわかる。

というか、行動に「間違い」はなく、そんなものは「テスト」のようなもので、「エラー」を発見しているに過ぎない。

すべてのアクションはトライ&エラーなのである。

 

 

それでも人はエラーを避けたい生き物だ。

僕だってそう。

エラーの数は減らしたい。

 

 

それで多くの人は「トライの数」を減らす。

アクションを起こす数を減らせば当然前に進む距離も短くなる。

 

 

僕は違う。

うまくいっている人から教えを乞い、教えられたことを教えられた通りにやる。

「再現する」と言ってもいい。

すると、当然のことだけど、「エラーの数」が減る。

 

 

うまくいっている人だって「ヒット」だらけの人生ではない。

山のような「トライ&エラー」の繰り返しが「ヒット」の量産につながっている。

だから、うまくいっている人の「教え」は教典のようなものである。

 

 

「これに従っておけばいい」というバイブルになる。

手法は教えられたことを教えられた通りにやればいいのだ。

 

 

それよりも考えたいのは「お客様像」や「理念」「コンテンツ」「ブランド価値」である。

そこにオリジナリティーがなければ商品は売れない。

やり方には「セオリー」があるので、そこにオリジナリティーはいらない。

 

 

ところがなぜか、「コンテンツ」は競合他社がたくさんいるなんちゃら協会の認定資格だったりする。

過剰供給になっているため「そこレッドオーシャンですよ」と教えてあげても聞く耳を持たない。

ブランディングとしては埋没してしまうため「なんちゃら協会のなんちゃら資格保持者とか名乗らない方がいいですよ」と教えてあげても聞く耳を持たない。

 

 

そのうえ、ビジネスの展開方法がアメブロとフェイスブックという、みんながやっていて、なおかつうまくいかない方法を選んでしまう。

だってそこ、むちゃくちゃスキルのいる場所ですからね。

なぜみんな、成功することが難しいやり方ばかり選ぶのだろう?

 

 

「ビジネスの話を聞きたい」とか「ビジネスの相談に乗ってほしい」とかよく言われる。

もちろん僕も最初は気軽に応じていたのだけど、最近は話をしなくなった。

だって、教えても教えられた通りにやらないもん。

 

 

ホントそういう人を見ると、「俺の時間を奪うなよ」と思う。

僕は人の相談に乗るのは嫌いじゃない。

お役に立てるなら、どんどんお役に立ちたい。

 

 

でも、「教えて」と言ったのに、教えられたことをやらない人は嫌い。

だったら、「教えて」って言わないでほしい。

 

 

僕が教えていることは、ミヒロさんから教わってことや書籍で勉強してそのまま実践したことでしかない。

そして、「やってみたら成功したこと」である。

ネットで調べた真偽不明の怪しい情報ではなく実践に基づいた内容である。

 

 

だから、たぶん教えられたことを教えられた通りにやったらうまくいく。

ミヒロさんがやってうまくいったことを、僕もやってみたらうまくいったので、あなたもやってみたらどう?という話なのである。

これほど「再現性」のある情報もないだろう。

 

 

でも、教えたって人はやらない。

だから、最近僕はビジネスの相談を受けても、「いいと思うよ。やってみたらいいよ」としか言わない。

そのアイデアに対して「それは成功するグッドアイデアだよ」というお墨付きを与えたわけではない。

たぶんそれ、うまくいかないだろうな…と思いつつ、僕は僕の時間を守るために「いいね」と答えている感じだ。

 

 

あまり僕はそこにエネルギーをかけたくない。

それだけのことなのだ。

本当はね、本気の人に本気のエネルギーで応えたいんだけど。

 

 

でも、そろそろ「くれちゃんはどうやってビジネスを組み立てるの?」という声がたくさん届くようになってきた。

5月はそんなビジネスのオンラインスクールを作ってみようかな、と思っている。

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。