これで解決!? 意見が対立したときは「きっかけ」を問え!


「私」というものは、先天的な資質と後天的な資質で構成されている。

 

生まれ持ったもの。

この先天的な資質が感性である。

いわゆる「ものの見方や感じ方」であり、これを変えることはなかなか難しい。

 

 

トマトが嫌いな子は、「なんでトマトが嫌いなの?」と聞かれても、嫌いなものは嫌いなのであり、この「嫌い」の感覚はそう簡単に変えられるものではない。

 

 

「いやいや、先生。調理法を変えれば美味しく食べられますよ」

 

…なんてことを言ってくるおバカさんがいるのだけど、トマトをガンガン調理して味も見た目もトマトではなくした場合、それはもはやトマトではないため、それでもって「ものの見方や感じ方は変えられますよ」的な論をぶつけられると、

 

「えっ?頭悪いの?」

 

と思ってしまう。

 

 

 

嫌なものは嫌だし、好きなものは好きなのである。

「なんで?」って聞かれても、説明できないのである。

 

 

一方、後天的なものとは何か。

これが「考え方」である。

「考え方」はコロコロ変わる。

 

 

去年はこう言っていたけど、今はこう言っている、なんてことはよくある。

本を読んで考え方が変わった、とか。

海外へ行って考え方が変わった、とか。

 

 

 

「考え方」というのは周囲の影響によって、変わり続けるものである。

つまり、「考え方」というのは「経験」から作られていることがわかる。

 

 

さて、会議で考え方がぶつかるとき、私たちは議論をする。

互いの正当性を主張しあい、ときに傷つけ合う。

 

 

議論はいつしか、深めることが目的ではなく、相手を打ち負かすことが目的となる。

感情的なものをぶつけ合い、堂々巡りを繰り返す。

「正しさ」と「正しさ」の戦争が起こるのである。

 

 

そんなときは、この「考え方」が「経験」から生まれていることに立ち返りたい。

意見がぶつかったとき、どちらの意見が正しいかを競い合うと「正しさ」と「正しさ」の戦争が起こる。

 

 

だから、経験を尋ねるのである。

なぜその考えに至ったのか。

どんなきっかけで、その考えが生まれたのかを問うのである。

 

 

宗教同士の戦争なんてものは、まさに好例である。

キリスト教が正しいのか、イスラム教が正しいのか。

そこを議論すれば平行線となり、最後はリアルな戦争へと発展する。

 

 

そんなとき、「どうしてキリスト教を信じるようになったの?」「どうしてイスラム教を信じるようになったの?」を問えば、両者の声はだいたい似たようなものに行き着く気がする。

 

 

「うちは親がキリスト教でね」

「あー、そうなんだ、うちは親戚一同、イスラム教なんだよ」

「そうそう、うちも親戚はみんなキリスト教でさー」

 

 

みたいな感じになれば良い。

そう都合よくいかないのだろうけどね。

 

 

職場で意見がぶつかったときも、どちらが正しいかを議論し合うと戦争が起きる。

 

 

その考えに至ったきっかけは何か。

どんな経緯でそう考えるようになったのか。

 

 

経験を問えば、互いの立場を尊重し合えるのである。

「正しさ」は争いの種になりやすいので気をつけたい。

くればやし ひろあき

1978年8月12日生まれ 愛知県名古屋市出身 愛知県刈谷市在住 妻と3人の子ども(高2、中3、小4)の5人家族

2001年、大学卒業と同時に正規採用されて名古屋市立の中学校に勤務。愛知教育スポーツ振興財団による中学夜間学級にて講師、名古屋市教職員組合瑞穂支部青年部長、名古屋市教育委員会教育派遣員、全国教育研究集会正会員など、初任の教員としては異例のスピードで評価を高めていく。

2007年、当時市内で最も荒れた中学校を立て直すことに奔走。生徒指導主事、進路指導主事を歴任。
その成果が認められ、2012年文部科学省から派遣されて在外教育施設(日本人学校)に出向。当時生徒数が世界最大の日本人学校で生徒指導部長を務める。海外で様々な起業家にお会いし、起業の意思を固め2015年に帰国。
名古屋で唯一の小中一貫校である名古屋市立の中学校に着任。学年主任、進路指導主事を兼務する多忙な中、ブログとメールマガジンの執筆をスタートする。

2017年退職して独立。ママコミュニティーの運営やイベントの主催、全国にて子育て講座や講演活動を行う。

「9月1日は子どもたちが最も自ら命を絶つ日」ということを知り、子どもたちに命の大切さを啓蒙する映画上映会を企画。クラウドファンディングで100人の支援者から80万円を資金調達し、 愛知県内8会場で映画上映会を主催。のべ1000人を動員した。その成果が認められ、市民代表として刈谷市自殺対策推進委員を市より委嘱される。

2018年からは「児童虐待」にスポットを当て、「虐待してしまうママを責めるのではなく、そんなママに手を差し伸べることこそが、子どもの命を守ることにつながる」と考え、 『子育て万博 2018』(愛知県安城市)を主催。250人を動員。『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
2019年 『子育て万博 2019』(愛知県安城市)を主催。300人を動員。音楽CD『ありがとう』(岡谷柚奈さん)を製作・販売。

同じく2019年、全国でSTR入門講座を開催し、400人が受講。個人セッションとして 100家族以上を相談を行う。また、ご依頼いただき歯科クリニックのコンサルティング及び企業研修を行う。

2020年からは、STRのインストラクターとしての活動をスタートし、基礎講座・応用講座を開催。これまでに門下生55名を育成している。
株式会社ミナクル組織研究所として法人化。