すれ違ったとしても、「違う」ということは素晴らしいのさ


Mr.Childrenの歌を聴いていて、ふと腕が止まった。

まずは、その歌詞を紹介したい。

 

誰かにとっての完璧(パーフェクト)は

誰かにとっての不完全

違う場所から覗いた景色は

こんなにも こんなにも

素敵なもので満ちている

Mr.Children『君と重ねたモノローグ』

 

同じ映画を観て同じ場面で感動することは、それはそれで素晴らしいのだけれど、そこに大きな発見や気づきはない。

 

 

居心地の良さは人間関係における最優先事項かもしれないけれど、いろんな人と関わる中で、僕らはまた新たな自分と出会う。

 

 

気の合わない人と無理して一緒にいる必要はないのだけれど、自分とは感性の違う人を排除し続ければ、人としては浅くなっていく。

 

 

「ここは何度も来たことがあるんです」と自信気に言うので、あとをついて歩く。

「あそこの道を行ってみよう」と言う彼女に着いていったら、そこに道はなかったりする。

 

 

僕は「わけがわからない」と思うのだけど、それが「違う」ということなのだと知ったとき、人との出会いの面白さを感じた。

 

 

等間隔に並ぶ樹木を見て、「前ならえしてるみたい、みんなお利口さん」と言う。

それで「あなたはどう思う?」と尋ねるので、僕は「等間隔の樹木だね」と答えたら、軽く笑って「つまらない答え」と返してくる。

 

 

僕の目には「等間隔の樹木」にしか見えないものを、「等間隔の樹木」と答える僕は、決して間違ってはいないのだけど、確かにつまらない。

 

 

どれだけ頭を振ったところで、味気ない答えしか出てこない僕を見て、「それはそれで面白い」と笑う彼女を見て、「それはそれで悪くない」と思い返してみる。

 

 

「前ならえしてるみたい」って見えるのは、そればそれで素晴らしいって思うけれど、テストで、「あれは何ですか?」って問われたとき「前ならえ」って答えたら、不正解なわけで。

 

 

いやいや、もしかしたら、僕には「等間隔の樹木」が正解で、彼女には「前ならえ」が正解なのかもしれない、とか。

 

「なんかいい感じ」なものは、「なんかいい感じ」でいいわけだけど、「どこが?」と尋ねてしまうのは、持って生まれた感性の問題なんだろう。

 

 

そういえば、美術館に行くと、「絵」はそっちのけで「解説」を読んでいたりする。

人間って、同じ場所にいても同じものを見てはいないのだ。

 

 

そもそも、正解なんて求めてない。

それぞれの感じ方がある。

ただそれだけのことなんだろう。

 

 

この世界は、「違う人」が無数に、そして無限につながり合ってできている。

 

 

ものの見方や感じ方は人それぞれ。

生きてきた過程も違うのだから、考え方も人それぞれ。

 

 

だから、僕らはすれ違うし、ぶつかるし、「なんで?」って思うし、傷つけ合う。

 

 

でも、違うからこそ、違う景色を見させてくれる。

そんなことってあると思う。

 

 

文学作品を読んだり、映画を観たりすると、今の自分とは異なる人生に出会うことができる。

 

 

自分と主人公を重ね合わせ、ハラハラしたり、ドキドキしたりする。

 

 

それと同じように、違う誰かと過ごすことで、僕らは自分とは異なる景色を見たり聞いたり、またそこから自分自身というものを深く深く探求していくこととなる。

 

 

違うということは、こんなにも素晴らしくて愛おしいのだ。

 

 

合わない人に合わせる必要はない。

「合わない」ということを受け止めるだけでいい。

 

 

いろんな人がいるんだな、と気がつくだけで、人は人に対して優しくなれると思うから。

くればやし ひろあき

1978年8月12日生まれ 愛知県名古屋市出身 愛知県刈谷市在住 妻と3人の子ども(高2、中3、小4)の5人家族

2001年、大学卒業と同時に正規採用されて名古屋市立の中学校に勤務。愛知教育スポーツ振興財団による中学夜間学級にて講師、名古屋市教職員組合瑞穂支部青年部長、名古屋市教育委員会教育派遣員、全国教育研究集会正会員など、初任の教員としては異例のスピードで評価を高めていく。

2007年、当時市内で最も荒れた中学校を立て直すことに奔走。生徒指導主事、進路指導主事を歴任。
その成果が認められ、2012年文部科学省から派遣されて在外教育施設(日本人学校)に出向。当時生徒数が世界最大の日本人学校で生徒指導部長を務める。海外で様々な起業家にお会いし、起業の意思を固め2015年に帰国。
名古屋で唯一の小中一貫校である名古屋市立の中学校に着任。学年主任、進路指導主事を兼務する多忙な中、ブログとメールマガジンの執筆をスタートする。

2017年退職して独立。ママコミュニティーの運営やイベントの主催、全国にて子育て講座や講演活動を行う。

「9月1日は子どもたちが最も自ら命を絶つ日」ということを知り、子どもたちに命の大切さを啓蒙する映画上映会を企画。クラウドファンディングで100人の支援者から80万円を資金調達し、 愛知県内8会場で映画上映会を主催。のべ1000人を動員した。その成果が認められ、市民代表として刈谷市自殺対策推進委員を市より委嘱される。

2018年からは「児童虐待」にスポットを当て、「虐待してしまうママを責めるのではなく、そんなママに手を差し伸べることこそが、子どもの命を守ることにつながる」と考え、 『子育て万博 2018』(愛知県安城市)を主催。250人を動員。『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
2019年 『子育て万博 2019』(愛知県安城市)を主催。300人を動員。音楽CD『ありがとう』(岡谷柚奈さん)を製作・販売。

同じく2019年、全国でSTR入門講座を開催し、400人が受講。個人セッションとして 100家族以上を相談を行う。また、ご依頼いただき歯科クリニックのコンサルティング及び企業研修を行う。

2020年からは、STRのインストラクターとしての活動をスタートし、基礎講座・応用講座を開催。これまでに門下生55名を育成している。
株式会社ミナクル組織研究所として法人化。