「正しさ」で人は傷つけ合うから、この世界にはたくさんの「正しさ」があることに気がつきたい


ものの見方や感じ方というのは初期設定ですから変えられるものではありません。

考え方は変わることもあるのですが、これはご本人の経験から生まれたものであり、他者が意図的に変えることはできないんですね。

 

 

本を読んだり、話を聞いたり。

これもまたその人の経験。

新たな経験が加わることでも、考え方は変わります。

でも、それは自分自身が変わろうとして変わるのですね。

 

 

こちらが何らかの意図をもって「この本読んでみて」と書籍を渡してみたところで、その本を読むことでその人の考え方が変わるかはわかりません。

「全然響かなかった」と言う人もいるでしょうし、「すごくよかった!」と言いながら何も変わらない人もいます(笑)

 

 

人のものの見方や感じ方、考え方は他者がどうこうして変わるものではないんですね。

意図して変えられるものではないのです。

 

 

それを僕らは変えようとします。

自分自身ですらコントロールできない僕らが、なぜだか他者だけは変えられると信じている。

これほど滑稽なこともないでしょう。

 

 

子どもが変わらない!

部下が変わらない!

先生が変わらない!

 

 

変わらないことに悩むのは不思議なことです。

変えられるのは自分だけなのです。

 

正しさの戦争の中で

自分は正しくて、相手は間違っている。

そんな視点で生きていると、人は「正しさの戦争」の中で暮らすことになります。

 

 

Facebookを眺めていると、「コロナは危ない派」と「コロナはただの風邪派」の人がいます。

「ワクチン打とう派」と「ワクチン危ない派」の人もいます。

 

 

互いに自分の正当性を主張し、「相手を間違っている」とやり合っています。

「こんな情報があった、だから僕らが正しい」と、いろんな情報をシェアし合っています。

 

 

この世界はそれぞれの「正しさ」でできています。

インターネットは「正しい情報」ではなく「見たい情報」を検索して表示します。

その情報は「正しい情報」ではなく「見たい情報」なのです。

 

 

「コロナは危ない派」の人の検索ワードは自然と「コロナは危ない論」へと辿りつかせ、「コロナはただの風邪派」の人の検索ワードは自然と「コロナはただの風邪論」へと辿り着かせます。

ワクチンのお話も同じです。

「ワクチン打とう派」の人には自然とワクチンは役に立つという情報が集まってきて、「ワクチン危ない派」の人にはワクチンが危ないという情報が自然と集まってきます。

そうやって、「自分の考え」というものは、どんどん凝り固まっていきます。

 

 

「反対側から眺めてみる」ということをしません。

別の視点をもつこともしません。

歩み寄ることもしません。

 

 

「私は正しい。あなたは間違っている」という視点で眺めていますから、いつも話は平行線です。

議論と呼んでいますが、深まることはないんですね。

 

 

「私はこう思う」でいいのです。

でも、なぜか僕らは「あなたは間違っている」を付け加えてしまう。

 

 

他の人がどう思うかは、他の人の自由です。

あなたがどう思うかはあなたの自由なように、他の人がどう思うかは他の人の自由なのです。

 

 

変えられないものを変えようとして私たちは苦しみます。

人と人がぶつかるのはこんなときです。

「自分の正しさ」で戦争を仕掛けると、傷つけあうことになります。

 

くればやし ひろあき

1978年8月12日生まれ 愛知県名古屋市出身 愛知県刈谷市在住 妻と3人の子ども(高2、中3、小4)の5人家族

2001年、大学卒業と同時に正規採用されて名古屋市立の中学校に勤務。愛知教育スポーツ振興財団による中学夜間学級にて講師、名古屋市教職員組合瑞穂支部青年部長、名古屋市教育委員会教育派遣員、全国教育研究集会正会員など、初任の教員としては異例のスピードで評価を高めていく。

2007年、当時市内で最も荒れた中学校を立て直すことに奔走。生徒指導主事、進路指導主事を歴任。
その成果が認められ、2012年文部科学省から派遣されて在外教育施設(日本人学校)に出向。当時生徒数が世界最大の日本人学校で生徒指導部長を務める。海外で様々な起業家にお会いし、起業の意思を固め2015年に帰国。
名古屋で唯一の小中一貫校である名古屋市立の中学校に着任。学年主任、進路指導主事を兼務する多忙な中、ブログとメールマガジンの執筆をスタートする。

2017年退職して独立。ママコミュニティーの運営やイベントの主催、全国にて子育て講座や講演活動を行う。

「9月1日は子どもたちが最も自ら命を絶つ日」ということを知り、子どもたちに命の大切さを啓蒙する映画上映会を企画。クラウドファンディングで100人の支援者から80万円を資金調達し、 愛知県内8会場で映画上映会を主催。のべ1000人を動員した。その成果が認められ、市民代表として刈谷市自殺対策推進委員を市より委嘱される。

2018年からは「児童虐待」にスポットを当て、「虐待してしまうママを責めるのではなく、そんなママに手を差し伸べることこそが、子どもの命を守ることにつながる」と考え、 『子育て万博 2018』(愛知県安城市)を主催。250人を動員。『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
2019年 『子育て万博 2019』(愛知県安城市)を主催。300人を動員。音楽CD『ありがとう』(岡谷柚奈さん)を製作・販売。

同じく2019年、全国でSTR入門講座を開催し、400人が受講。個人セッションとして 100家族以上を相談を行う。また、ご依頼いただき歯科クリニックのコンサルティング及び企業研修を行う。

2020年からは、STRのインストラクターとしての活動をスタートし、基礎講座・応用講座を開催。これまでに門下生55名を育成している。
株式会社ミナクル組織研究所として法人化。