なぜ子どもが落ち着いている学校の職員室はバラバラなのか


これはちょっと不思議なことだ。

 

 

「荒れた学校」と「落ち着いた学校」。

どちらの学校を赴任したいか?と問われたら、僕は迷わず「荒れた学校」を選ぶ。

 

 

なぜか。

「荒れた学校」の方が職員室に一体感があるからだ。

不思議だよ、ホント。

 

 

学校は落ち着いていた方がいいと考えるのが普通だ。

それはそうだよね。

 

 

でも、学校が落ち着くと、なぜだか職員室がバラバラになっていくのを感じる。

「あの先生がどうのこうの」

「今度の校長はあーだこーだ」

そんな話が増えていく。

 

 

荒れている頃はそんなことをやっている暇はなく、みんなが一枚岩となって動くのに、落ち着いてくると、途端にバラバラになる。

あれは本当に不思議だ。

 

 

学校が荒れているとき、「その態度で子どもと接したら、やり返されますよ」と伝えたことがある。

案の定、子どもがキレて暴れたりして大変だったわけで、そうなるとその手の先生はだんだんおとなしくなる。

 

 

ところが、時を経てだんだん立て直ってきて、子どもが落ち着いてくると途端に偉そうになったりもする。

「成長しねーな」と思ってみたり。

 

 

そんなこともあるかもしれない。

 

 

荒れてるときは、そういうことに長けた先生たちってのがいて、その人たちを中心に回していくことになる。

やるしかないわけだから、一枚岩になるしかない。

教員同士が文句を言い合っている場合じゃないわけだ。

 

 

ところが落ち着いてくると、それぞれが主張し始める。

それはそれで良いことなんだけど、今度は文句の言い合いに発展していく。

それぞれが勝手なことをし始める。

 

 

勝手なことをしていても、学校が落ち着いているときは問題にならない。

が、しかし、だ。

数年すると、徐々に学校が荒れ始める。

地域の特性というのがあって、荒れやすい学校というのは、その地域自体が昔から荒れやすい風土がある。

 

 

荒れやすい風土はあるけれど、立て直して荒れて、また立て直して荒れてを繰り返している。

本当に面白い。

ちゃんとサイクルがあって、荒れては落ち着き、荒れては落ち着くのだ。

 

 

荒れているときは、一枚岩になりやすい。

この状況をなんとかしたい、というヴィジョンでみんなが一体になれる。

 

 

ところが落ち着いてくると、ヴィジョンがバラバラになりやすい。

「僕らは何を目指しているのか?」が曖昧になるから、それぞれが好きなことをやる。

 

 

組織というのは、目的をもった有機体である。

ヴィジョンがなければ手足が勝手に動き出す。

 

 

脳が「食事を取ろう」とヴィジョンを掲げるから、右足と左足は動きを止めて、お尻は椅子の上に置かれ、右手は箸を持ち、左手はお茶碗を持ち、口はモグモグしてくれる。

 

  

脳が「ご自由にどうぞ」と言い出せば、右足は走り出し、左足はジャンプして、お尻は屁をこき、右手は箸を投げ、左手は人を叩き、口は唾を吐く。

 

 

リーダーがヴィジョンを描く。

それに従って、それぞれがその頭で考えて行動を選択する。

これが本来の組織だけれど、落ち着いてくるとこのヴィジョンが曖昧になる。

 

 

子どもが落ち着いた学校で出会う校長先生で、僕はリーダーシップを感じたことがある校長先生は一人しかいない。

 

その先生は、「もっと学校をよくしたい」という明確なヴィジョンがあった。

学校が落ち着いてくると、そういうことに反発する教師もいたのだけれど。

持ち前のバイタリティーで、そんな人間関係の苦難を乗り越えていった。

 

 

そういうとき、本物のリーダーシップを見た気がしたんだよね。

 

くればやし ひろあき

1978年8月12日生まれ 愛知県名古屋市出身 愛知県刈谷市在住 妻と3人の子ども(高2、中3、小4)の5人家族

2001年、大学卒業と同時に正規採用されて名古屋市立の中学校に勤務。愛知教育スポーツ振興財団による中学夜間学級にて講師、名古屋市教職員組合瑞穂支部青年部長、名古屋市教育委員会教育派遣員、全国教育研究集会正会員など、初任の教員としては異例のスピードで評価を高めていく。

2007年、当時市内で最も荒れた中学校を立て直すことに奔走。生徒指導主事、進路指導主事を歴任。
その成果が認められ、2012年文部科学省から派遣されて在外教育施設(日本人学校)に出向。当時生徒数が世界最大の日本人学校で生徒指導部長を務める。海外で様々な起業家にお会いし、起業の意思を固め2015年に帰国。
名古屋で唯一の小中一貫校である名古屋市立の中学校に着任。学年主任、進路指導主事を兼務する多忙な中、ブログとメールマガジンの執筆をスタートする。

2017年退職して独立。ママコミュニティーの運営やイベントの主催、全国にて子育て講座や講演活動を行う。

「9月1日は子どもたちが最も自ら命を絶つ日」ということを知り、子どもたちに命の大切さを啓蒙する映画上映会を企画。クラウドファンディングで100人の支援者から80万円を資金調達し、 愛知県内8会場で映画上映会を主催。のべ1000人を動員した。その成果が認められ、市民代表として刈谷市自殺対策推進委員を市より委嘱される。

2018年からは「児童虐待」にスポットを当て、「虐待してしまうママを責めるのではなく、そんなママに手を差し伸べることこそが、子どもの命を守ることにつながる」と考え、 『子育て万博 2018』(愛知県安城市)を主催。250人を動員。『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
2019年 『子育て万博 2019』(愛知県安城市)を主催。300人を動員。音楽CD『ありがとう』(岡谷柚奈さん)を製作・販売。

同じく2019年、全国でSTR入門講座を開催し、400人が受講。個人セッションとして 100家族以上を相談を行う。また、ご依頼いただき歯科クリニックのコンサルティング及び企業研修を行う。

2020年からは、STRのインストラクターとしての活動をスタートし、基礎講座・応用講座を開催。これまでに門下生55名を育成している。
株式会社ミナクル組織研究所として法人化。