打つ、打たないで、白黒なんて、つけなくてもいいんだよ〜グラデーションの世界を生きよう〜

陰陽五行

この世界は無数の「陰」と「陽」でできている。

 

「男」と「女」

「太陽」と「月」

「昼」と「夜」

「表」と「裏」

 

そんな考え方が「陰陽思想」であり、「木火土金水」で捉える「五行思想」と合わさり、「陰陽五行思想」と呼ばれ、東洋哲学のベースになっている。

 

 

で、果たしてそれは本当なのか、ってことを論じたい。

いや、論じるってほどの話でもないんだけどね。

 

 

今、この社会は分断されている。

何によって分断されているか。

「情報」である。

 

 

 

僕らは今、どこから情報を得るかで分断されている。

その一例が、新型コロナウイルスのワクチン接種だ。

 

 

いろんなところで、「打つ」「打たない」とか、打つ予定が「ある」「ない」みたいな話を耳にする。

(へぇーっ…)と思って眺めてるんだけど、「間違ってる」「間違ってない」みたいな議論をそこかしこで見かけて、(オモロイ世界だね)とも思う。

 

 

これなんて、まさに「陰」と「陽」という感じである。

それを分けているのは「情報」なのだ。

 

 

「ワクチン肯定派」がその考えのもとになっている「情報」と、「ワクチン否定派」がその考えのもとにしている「情報」は異なる。

 

 

で、この手の話題になると「テレビや新聞など主要メディアは、正しい情報を流していない」的な意見を目にするわけだけど、その人たちが参考にするのが「SNSの情報」だったりして、その信憑性に大差あるようにも思えない。

 

所詮、「情報」は「情報」であって、「玉石混交」の中で、僕らはその目で、その感性で、その知性でもって取捨選択を繰り返す必要があるのだと思う。

 

 

「どちらが正しい情報か」なんてことよりも、「その情報からどの部分を受け取るか」の方が重要だと僕は思う。

 

 

 

異なる媒体から「情報」を得て、ある意味では「参考」にし、ある意味では「鵜呑み」して、「自分の考え」を決定しているとしたら、これは少々危険なことだ思うんだよね。

 

 

 

情報源が異なる議論って、本当に噛み合わない。

「どっちの神様が正しいの?」ってことを争っている宗教戦争と構図は似ている。

 

 

否定のし合いは議論とは呼ばないのよね。

 

 

一生懸命自分の主義主張をSNSで発信している人は、むしろ「情報」をそっくりそのまま「自分の考え」だと錯覚しているところがある。

一方の「情報」のみを採用したからこそ起こる。

 

 

本来は「肯定的な情報」も「否定的な情報」、両方の「情報」を得たうえで、「さあ、自分はどうしようか」とフラットに考えるべきだ。

 

 

どちらかを「是」と捉え、どちらかを「非」と捉えるのではなく、両方をフラットに並べることが先なのだと思う。

まな板の上にちゃんと並べたい。

 

 

んで、両方の情報を並べると「打つ」「打たない」は迷って当たり前なのだ。

迷っている人はいっぱいいて、そのことは本当に素晴らしいことなんだ。

 

 

 

「打つ」「打たない」を「白」と「黒」に置き換えて、白黒はっきりつけさせようとする姿勢が、世の中の分断を招いているように思えて仕方がない。

 

 

「白と黒の間に 無限の色が広がっている♪」と歌ったのはMr.Childrenの桜井和寿さんだけど。

まさに、「白」と「黒」の間には無限の色が、グラデーションで並んでいる。

 

 

白と黒で答えろという

難題を突きつけられ

ぶち当たった壁の前で

僕らはまた迷っている

(Mr.Children『GIFT』) 

 

 

そう、僕らは今、「白」と「黒」の間で迷っている。

だから、「白だ」「黒だ」と論じることは対立を生むだけである。

本当はそこに無限に広がるグラデーションを認めることからスタートしたい。

 

 

「打ちたいけど怖いな」とか。

「打ちたくないけど打たなきゃ」とか。

「夫は打つけど、私は打たない」とか。

 

 

全部、オッケーなのだよ。

いろんな考えがあって、そのどれもが素晴らしくて、そのどれもを僕らは尊重しあえばいい。

何が正しくて、何が間違っているかなんて、どうでもいいのだ。

 

 

「あなたは打ちたんだね、私は打たないけど」もいいし、

「私は打つんだ、あなたは打たないけど」もいい。 

 

 

いろんな考え方があって、この社会はグルグル回っている。

陰陽の「白」と「黒」は決して分断されていない。

「陽」の中に「陰」があり、「陰」の中に「陽」があって、グルグルグルグル巡っている。

 

 

異なる意見を否定することはない。

異なる存在を否定することはない。

 

 

私とあなたは「違う」のだけど、それは「間違い」ではない。

この世界は「陰陽」でできているけれど、その「白」と「黒」の間には、無限の色彩が広がっていることを心に留めておきたい。

 

 

早い話、白黒つけなくてもいいんだよねって話なのだ。 

 

くればやし ひろあき

1978年8月12日生まれ 愛知県名古屋市出身 愛知県刈谷市在住 妻と3人の子ども(高2、中3、小4)の5人家族

2001年、大学卒業と同時に正規採用されて名古屋市立の中学校に勤務。愛知教育スポーツ振興財団による中学夜間学級にて講師、名古屋市教職員組合瑞穂支部青年部長、名古屋市教育委員会教育派遣員、全国教育研究集会正会員など、初任の教員としては異例のスピードで評価を高めていく。

2007年、当時市内で最も荒れた中学校を立て直すことに奔走。生徒指導主事、進路指導主事を歴任。
その成果が認められ、2012年文部科学省から派遣されて在外教育施設(日本人学校)に出向。当時生徒数が世界最大の日本人学校で生徒指導部長を務める。海外で様々な起業家にお会いし、起業の意思を固め2015年に帰国。
名古屋で唯一の小中一貫校である名古屋市立の中学校に着任。学年主任、進路指導主事を兼務する多忙な中、ブログとメールマガジンの執筆をスタートする。

2017年退職して独立。ママコミュニティーの運営やイベントの主催、全国にて子育て講座や講演活動を行う。

「9月1日は子どもたちが最も自ら命を絶つ日」ということを知り、子どもたちに命の大切さを啓蒙する映画上映会を企画。クラウドファンディングで100人の支援者から80万円を資金調達し、 愛知県内8会場で映画上映会を主催。のべ1000人を動員した。その成果が認められ、市民代表として刈谷市自殺対策推進委員を市より委嘱される。

2018年からは「児童虐待」にスポットを当て、「虐待してしまうママを責めるのではなく、そんなママに手を差し伸べることこそが、子どもの命を守ることにつながる」と考え、 『子育て万博 2018』(愛知県安城市)を主催。250人を動員。『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
2019年 『子育て万博 2019』(愛知県安城市)を主催。300人を動員。音楽CD『ありがとう』(岡谷柚奈さん)を製作・販売。

同じく2019年、全国でSTR入門講座を開催し、400人が受講。個人セッションとして 100家族以上を相談を行う。また、ご依頼いただき歯科クリニックのコンサルティング及び企業研修を行う。

2020年からは、STRのインストラクターとしての活動をスタートし、基礎講座・応用講座を開催。これまでに門下生55名を育成している。
株式会社ミナクル組織研究所として法人化。