子どもの育てることのゴールは何か、という当たり前の話


これはもう、ありとあらゆる生き物がそうなんだろうけどさ。

「子育て」や「教育」のゴールは何か、って話をしたいと思うんだけど。

 

 

立派な会社に就職させるとか、学歴をつけさせるとか、資格を取らせるとか、自己肯定感を高めるとか、知識や教養をつけさせるとか。

 

 

そんなことはどうだってよくてね。

 

 

本当のゴールは何かって言うとさ。

「自立させる」だと思うのね。

 

 

30代、40代になって「パパー!」「ママー!」じゃ困るわけです。

ちゃんとひとり立ちして、大人になってくれなきゃ困るのです。

 

 

大人になってまで親に面倒見てもらってる生き物なんて人間くらいです。

マジでヤバいっすよ、人間って。

 

 

長男がひとりで電車を乗り継いで4時間、僕ら家族が泊まる滋賀県のホテルまで来ました。

それでいいんです。

 

 

 

駅まで迎えに行く?

そんなことはしません。

 

 

チェックインまでにホテルに戻る?

そんなことはしません。

 

 

ここは日本です。

日本語が使えるんです。

僕らが暮らした中国ではなく、日本語でコミュニケーションが取れるのです。

何も困ることはありません。

 

 

親の出番なんかないのです。

 

 

娘は受験生です。

全部、子どもが決めます。

相談には乗りますが、決定権は本人です。

 

 

親の出番なんかないんです。

 

 

無責任?

バカなことを言っちゃいけない。

 

 

そこまでに何もしていない親子関係ならば無責任です。

我が家は違います。

これまでにそれができる子育てをしたうえで、「自分の進路は自分で決めなさい」なのです。

 

 

海外で暮らしていたとき、たとえばレストランで子どもがトイレに行きたいと言い出したとします。

僕が教えるのは「トイレの尋ね方」です。

 

中国語ならこう。

英語ならこう。

さあ、行っていらっしゃい、です。

 

 

そうやって、一つ一つ、教え、やらせて、経験させる。

 

 

 

いろんな経営者や起業家に合わせるのもそうです。

そのひとつひとつが学びです。

 

 

飲食店に行けば、そこでビジネスの話をします。

この店の問題点は何か。

高級ホテルから安いビジネスホテルまで、いろんなところに止まります。

それも経験です。

 

 

JALに乗るときもあれば、LCCに乗るときもあります。

高級ラウンジも経験させますし、狭い待合室で過ごすこともあります。

全部経験です。

 

 

全部経験させて生きる力を育むんです。

最終ゴールは親がいなくても生きていけるように育てるのです。

 

 

自分の命が尽きようとしているとき、子どもの心配をしているとしたら、それは子育ての失敗です(子どもが未成年の話はしてませんよ)

 

 

立派に成人しているならば、「もうお前は十分やっていけるぞ」と伝えて、今世を終えたい。

僕はそう思っています。

 

 

子育てのゴール、教育のゴールはつまり、ちゃんと大人にするってことなのです。

まあ、ちゃんとした大人が少ない現代社会ではありますが…。

 

 

じゃあ、ちゃんとした大人って何よ?って話はまた今度にしましょう。

くればやし ひろあき

1978年8月12日生まれ 愛知県名古屋市出身 愛知県刈谷市在住 妻と3人の子ども(高2、中3、小4)の5人家族

2001年、大学卒業と同時に正規採用されて名古屋市立の中学校に勤務。愛知教育スポーツ振興財団による中学夜間学級にて講師、名古屋市教職員組合瑞穂支部青年部長、名古屋市教育委員会教育派遣員、全国教育研究集会正会員など、初任の教員としては異例のスピードで評価を高めていく。

2007年、当時市内で最も荒れた中学校を立て直すことに奔走。生徒指導主事、進路指導主事を歴任。
その成果が認められ、2012年文部科学省から派遣されて在外教育施設(日本人学校)に出向。当時生徒数が世界最大の日本人学校で生徒指導部長を務める。海外で様々な起業家にお会いし、起業の意思を固め2015年に帰国。
名古屋で唯一の小中一貫校である名古屋市立の中学校に着任。学年主任、進路指導主事を兼務する多忙な中、ブログとメールマガジンの執筆をスタートする。

2017年退職して独立。ママコミュニティーの運営やイベントの主催、全国にて子育て講座や講演活動を行う。

「9月1日は子どもたちが最も自ら命を絶つ日」ということを知り、子どもたちに命の大切さを啓蒙する映画上映会を企画。クラウドファンディングで100人の支援者から80万円を資金調達し、 愛知県内8会場で映画上映会を主催。のべ1000人を動員した。その成果が認められ、市民代表として刈谷市自殺対策推進委員を市より委嘱される。

2018年からは「児童虐待」にスポットを当て、「虐待してしまうママを責めるのではなく、そんなママに手を差し伸べることこそが、子どもの命を守ることにつながる」と考え、 『子育て万博 2018』(愛知県安城市)を主催。250人を動員。『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
2019年 『子育て万博 2019』(愛知県安城市)を主催。300人を動員。音楽CD『ありがとう』(岡谷柚奈さん)を製作・販売。

同じく2019年、全国でSTR入門講座を開催し、400人が受講。個人セッションとして 100家族以上を相談を行う。また、ご依頼いただき歯科クリニックのコンサルティング及び企業研修を行う。

2020年からは、STRのインストラクターとしての活動をスタートし、基礎講座・応用講座を開催。これまでに門下生55名を育成している。
株式会社ミナクル組織研究所として法人化。