ドラえもんを求めている人は、いつまで経っても「のび太くん」のままなんだぜ


アメリカでは『ドラえもん』のアニメ放映について、契約まで漕ぎつけたものの、結局放送には至らなかったことが3度あるそうです。

アメリカで『ドラえもん』は流行らない…との判断だそうなんですね。

 

 

一方、日本では「アニメと言えばドラえもん」です。

不思議な四次元ポケットから便利な道具をたくさん出してくれる、子どもたちの憧れです。

 

 

「欲しいもの=ドラえもん」です。

 

で、なぜアメリカで放映に至らなかったのか、という話なんですが、主人公である「のび太くん」は、「映画版」以外では成長しないってところがポイントみたいです。

一切成長しないんですね。

 

 

いつもジャイアンにいじめられていて、ドラえもんに助けてもらって、でも最後にハメを外しすぎて終わる、というワンパターン。

助けてもらって成長しない。

この姿はアメリカ的には、「見せたくないアニメ」となるのでしょう。

 

 

アメリカで流行るのは、ヒーローズ・ジャーニーと呼ばれるストーリーです。

落ちこぼれの主人公が成長しながら、幾多の困難を乗り越え、やがてヒーローとなる。

このような定型に沿ってストーリーが作られています。

 

 

ハリーポッターなんかは、その典型です。

 

 

日本のアニメに話を戻すと、わりとデフォルトで「すごいヒーロー」が多い。

成長はするのですが、そもそもスタートから「すごい」のです。

 

 

ルフィも最初から「ゴム人間」で、それなりに強い。

「キャプテン翼」の翼くんも、最初からサッカーがうまい。

悟空もちょっと修行したら、天下一武道会で勝ち上がってしまう。(子どもですからね、一応)

 

 

「それなりにすごい人」が成長するか、誰かが助けてくれるモデルがウケる、ってのは、なんだか皮肉のようにも思います。

 

 

子どもの頃から、男の子ってヒーローに憧れる。

でも、それってアニメや漫画の影響が大きくて。

 

 

最初は落ちこぼれの主人公が成長していくって物語が流行ったら、もっと「自分の長所を伸ばしたい」って大人が増えたのかもな、とか思ってみたり。

 

 

「いつかはきっと」

「私にも何かある」

 

そんなことを思う大人が多いのは、そんな文化があるからかもしれません。

 

 

努力に優る才能はありません。

生まれながらのヒーローはいないんです。

行動したヤツが勝者のこの時代に必要なのは、ドラえもんではないんでしょうなぁ…というお話でした。 

 

くればやし ひろあき

1978年8月12日生まれ 愛知県名古屋市出身 愛知県刈谷市在住 妻と3人の子ども(高2、中3、小4)の5人家族

2001年、大学卒業と同時に正規採用されて名古屋市立の中学校に勤務。愛知教育スポーツ振興財団による中学夜間学級にて講師、名古屋市教職員組合瑞穂支部青年部長、名古屋市教育委員会教育派遣員、全国教育研究集会正会員など、初任の教員としては異例のスピードで評価を高めていく。

2007年、当時市内で最も荒れた中学校を立て直すことに奔走。生徒指導主事、進路指導主事を歴任。
その成果が認められ、2012年文部科学省から派遣されて在外教育施設(日本人学校)に出向。当時生徒数が世界最大の日本人学校で生徒指導部長を務める。海外で様々な起業家にお会いし、起業の意思を固め2015年に帰国。
名古屋で唯一の小中一貫校である名古屋市立の中学校に着任。学年主任、進路指導主事を兼務する多忙な中、ブログとメールマガジンの執筆をスタートする。

2017年退職して独立。ママコミュニティーの運営やイベントの主催、全国にて子育て講座や講演活動を行う。

「9月1日は子どもたちが最も自ら命を絶つ日」ということを知り、子どもたちに命の大切さを啓蒙する映画上映会を企画。クラウドファンディングで100人の支援者から80万円を資金調達し、 愛知県内8会場で映画上映会を主催。のべ1000人を動員した。その成果が認められ、市民代表として刈谷市自殺対策推進委員を市より委嘱される。

2018年からは「児童虐待」にスポットを当て、「虐待してしまうママを責めるのではなく、そんなママに手を差し伸べることこそが、子どもの命を守ることにつながる」と考え、 『子育て万博 2018』(愛知県安城市)を主催。250人を動員。『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
2019年 『子育て万博 2019』(愛知県安城市)を主催。300人を動員。音楽CD『ありがとう』(岡谷柚奈さん)を製作・販売。

同じく2019年、全国でSTR入門講座を開催し、400人が受講。個人セッションとして 100家族以上を相談を行う。また、ご依頼いただき歯科クリニックのコンサルティング及び企業研修を行う。

2020年からは、STRのインストラクターとしての活動をスタートし、基礎講座・応用講座を開催。これまでに門下生55名を育成している。
株式会社ミナクル組織研究所として法人化。