お母さんにファンになってもらうために欠かせないマインド

応援してもらいたければ、自分がお母さんを応援して、ファンになる

僕が犯した大きな失敗

 

『ハッピーな先生』にとって大切なことは、

お母さんにファンになってもらうことでした。


僕は若いころ、そういうことに気がつかずに懇談会を行ってきました。

無知であることは恐ろしく、そして悲しいことです。

たくさんの失敗を積み重ねてきました。

 

その女の子は、責任感があり、係りの仕事も丁寧にこなします。

文章も上手に書くし、提出物もきちんと出します。

ホントにいい子。

だけど、人前ではまったく話しません。

 

個人懇談会のおり、お母さんにこんなお話をしました。

 

「Aさんは、ホントにいい子ですね。

 やるべきことを丁寧にやり抜くし、素晴らしいですね」

 

終始、和やかなムードで懇談会は進みました。

ところが、です。

 

「だけどね、お母さん。

 Aさん、みんなの前でお話する場面になると、

 話ができなくなってしまうんですよね」

 

すると、お母さんは急に血相を変えて怒り出しました。

 

これまで会った先生、

 みんな同じことを言うんです。

 なんでしゃべれなきゃいけないんですか?

 ウチの子はそういう子なんです!

 それじゃダメなんですか?」

 

僕はただただ謝罪しました。

お母さんの心を傷つけたことを深くお詫びしました。

 

 

また、別の男の子。

その子は忘れ物の多い子でした。

提出物も出せません。

 

「お母さん、どうしてもBくんは提出物が出せないんですよね」

 

すると、やはりお母さんは怒りだしました。

 

私に何ができると言うんですか?

 あの子は、何が必要かなんて一言も言わないんです。

 だったら、先生が毎日家に電話して必要なものを伝えてくれませんか?」

 

僕は、このお二人との出会いに感謝しなくてはなりません。

とても大切な気づきをいただけたのですから。

 

 

相手に望むことを、まずはこちらからする

 

子どもたちのできていない部分を親に伝える

これは、よくあることですよね。

 

だけどそれは、お母さんにとっては、

これまでがんばってきた『子育て』

否定されているように感じさせてしまうかもしれません。

 

少なくとも、そう感じてしまうお母さんはいる。

 

学校に行くたびに、

「忘れ物が多い」

「宿題をやってこない」

「一人でいる」

「嘘をつく」

なんて言われたらどうでしょうか。

 

お母さんの気持ちを想像してみてください。

 

これでは、ファンになってもらえなくて当然です。

 

保護者に応援してもらおうと思うなら、

保護者を応援することが大切です。

 

保護者にファンになってもらおうと思うなら、

保護者のファンになることです。

 

 

ハッピーな先生になるためのステップ

 

 保護者を応援し、保護者のファンになる

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者600人超のワークショップ『子どもとつながるリレーションシップ講座』を全国で開催。

9月1日は統計上子どもの自殺が最も多い日であるということを知り、2016年クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年、刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。

2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースした。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。現在は3期目、カレッジ生は30名いる。

3児の父でもある。