うまくいったやり方に執着しない

学習指導 生徒指導

教育をわかったつもりになるな!

経験値を積めば積むほど、教育は簡単になるのか。

そういうものではありませんでした。

 

むしろ、経験を積めば積むほどわからなくなる。

それが教育だと思います。

 

こうやって毎日毎日、教育のことを書くと、それこそどんどんわからなくなります。

 

ただ、書き続けてわかったこと。

それはね、わかったつもりになっちゃいけないってことなんです。

 

 

成功体験に執着してはいけない

100人いたら100通りの子どもがいます。

100通りの育ちがあり、100通りの教育が必要です。

だから、経験を積めば積むほど、いろ〜んな子どもを知って、いろ〜んな家庭環境を知って、どんどんわからなくなっていくのです。

 

ところが、経験を積むと、さも「自分はベテランだ!」と勘違いをしてしまう人がいます。

残念ながら、たくさんいます。

 

で、そういう先生は、これまでの成功体験に執着します。

あたかも、自分がこれまでやってきた方法が万能だと錯覚してしまいます。

 

あのときうまくいったから、これをやればうまくいく。

 

ところがそんな万能なツールは、こと教育においては存在しないのです。

 

それなのに、うまくいったやり方に執着してしまうのです。

これは、大きな大きな落とし穴です。

 

経験値の使い方を知れば、ますます子どもはハッピーになる。

たくさんのツールをもつことです。

一つのやり方に執着してはいけません。

 

勉強熱心な先生には2種類あります。

いろんなことをカジる人。

一つのことを突き詰める人。

 

僕らは研究者ではありません。

教育者です。

学校の先生は教育者。

それ、忘れちゃいけないことだと思います。

 

教育者はね、いろ〜んなことをカジっとく。

執着しないの。

サラっとカジっとくの。

 

それは学習指導でも、生徒指導でも、学級経営でも同じ。

たくさんのツールをもつこと。

 

そして、子ども一人ひとりをよ〜く見る。

見て、見て、見まくる。

 

で、どのツールを使おうかなって考える。

そのとき、初めて経験が役に立つんです。

 

ハッピーな先生になるためのステップ

 うまくいったやり方に執着せず、やり方は子どもに合わせる

 

くればやし ひろあき

1978年生まれ 名古屋市出身
名古屋市立の中学校と上海日本人学校にて、合計16年間生徒指導に携わってきた人間関係づくりの専門家。
独立後、社会起業家としてクラウドファンディングを行い、愛知県内8会場で映画上映会を主催。『子育て万博 』をプロデュースしてテーマソングCD『ありがとう』や『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
全国でセミナーを開催し、年間100家族以上を家族診断。企業コンサルティング及び企業研修を行う。2020年コロナ禍の中、業績を伸ばし続けたことを機に、株式会社ミナクル組織研究所をスタート アップした。