子どもの視線を見れば、教室の空気が読める。

教室の空気

教室の空気感に敏感になる。

先日、子どもたちの授業参観に行ってきました。

僕は、教室をのぞいた瞬間に、その先生とその教室で暮らす子どもたちの関係を見抜けてしまえます。

 

廊下をスタスタ歩きながら、

「あっ、この教室は心配だな」

「おっ、ここはいい感じだな」

と思いながら、廊下を歩いておりました。

 

とにかく一瞬で、つかめるのです。

なんで、そんなことができるのか?

 

ここだけの話、

実は、オーラが見えるのです。

私は、スピリチュアルな…、ウソです。

 

大嘘です!!

 

だけど、すぐに見抜けるのは本当です。

では、どうやって見抜くのでしょうか。

 

気持ちよく話しているとこ悪いんだけど、ちょっとだけ子どもの顔を見てごらん。

それは、子どもの目線を見るだけです。

廊下の窓から、子どもたちの瞳をのぞき込む。

 

「こりゃダメだ」という授業者は、導入の段階から、視線を落とす子、窓から外を眺める子、廊下の僕と目が合う子、続出です。

先生のこと、見てないんです。

 

先生は、気持ちよ〜く話している。

もしくは、汗だくで必死に話している。

 

いずれも、子どもの視線に目をやる余裕はないんでしょうね。

または、あまり子どもの気持ちを察しようとしていない。

 

そういうことを繰り返す。

すると、子どもたちの心ってどんどん離れていきます。

それって悲しいことですよね。

 

一方、子どもの心をつかんでいる授業者は…

その一方で、子どもの心をギュ〜っとつかんでいる先生もいます。

 

そんな先生の授業は、一目でわかる。

廊下から、ちらっとのぞけばわかる。

 

子どもたちの瞳がキラキラ輝いている。

そのうえ全員、先生を目で追っている。

なんとも言えない一体感。

 

それで、じゃあ僕はいつも子どもの心をつかんでいるのか?

 

そうでもありません…。

今日は、ノッてないなってときもあります。

そんな空気感をいち早く察知します。

 

教室の空気感さえ感じられれば、やり方をいくらでもシフトチェンジできるわけです。

その空気感は、子どもたちの『視線の動き』でわかります。

 

結局、どこまで感じられるか。

気がつけるか、なんですね。

そういう意味での『Sense』は、欠かすことができません。

 

ハッピーな先生になるためのステップ

 子どもの『視線の動き』で、教室の空気感をつかむ。

くればやし ひろあき

1978年8月12日生まれ 愛知県名古屋市出身 愛知県刈谷市在住 妻と3人の子ども(高2、中3、小4)の5人家族

2001年、大学卒業と同時に正規採用されて名古屋市立の中学校に勤務。愛知教育スポーツ振興財団による中学夜間学級にて講師、名古屋市教職員組合瑞穂支部青年部長、名古屋市教育委員会教育派遣員、全国教育研究集会正会員など、初任の教員としては異例のスピードで評価を高めていく。

2007年、当時市内で最も荒れた中学校を立て直すことに奔走。生徒指導主事、進路指導主事を歴任。
その成果が認められ、2012年文部科学省から派遣されて在外教育施設(日本人学校)に出向。当時生徒数が世界最大の日本人学校で生徒指導部長を務める。海外で様々な起業家にお会いし、起業の意思を固め2015年に帰国。
名古屋で唯一の小中一貫校である名古屋市立の中学校に着任。学年主任、進路指導主事を兼務する多忙な中、ブログとメールマガジンの執筆をスタートする。

2017年退職して独立。ママコミュニティーの運営やイベントの主催、全国にて子育て講座や講演活動を行う。

「9月1日は子どもたちが最も自ら命を絶つ日」ということを知り、子どもたちに命の大切さを啓蒙する映画上映会を企画。クラウドファンディングで100人の支援者から80万円を資金調達し、 愛知県内8会場で映画上映会を主催。のべ1000人を動員した。その成果が認められ、市民代表として刈谷市自殺対策推進委員を市より委嘱される。

2018年からは「児童虐待」にスポットを当て、「虐待してしまうママを責めるのではなく、そんなママに手を差し伸べることこそが、子どもの命を守ることにつながる」と考え、 『子育て万博 2018』(愛知県安城市)を主催。250人を動員。『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
2019年 『子育て万博 2019』(愛知県安城市)を主催。300人を動員。音楽CD『ありがとう』(岡谷柚奈さん)を製作・販売。

同じく2019年、全国でSTR入門講座を開催し、400人が受講。個人セッションとして 100家族以上を相談を行う。また、ご依頼いただき歯科クリニックのコンサルティング及び企業研修を行う。

2020年からは、STRのインストラクターとしての活動をスタートし、基礎講座・応用講座を開催。これまでに門下生55名を育成している。
株式会社ミナクル組織研究所として法人化。