子どもから学ぶ謙虚さをもつ

子どもの可能性

行動の礎となっているものを見直す

僕らは自分たちが暮らしてきた世界で体験したことを礎にして、行動しています。

それは「学校現場の仕事」でも「子育て」でも、同じように感じます。

自分がされてきたことが、基礎となっています。

 

小中高とサッカー部員だった僕は、子どものときに出会った顧問の先生のやり方に、ずいぶん影響を受けていました。

 

選手がミスをしたら、ひどく叱っていました。

怒鳴り散らしていました。 

他のチームの先生たちも叱っているので、そういうものだと思っていました。

 

ところがです。

ミスをする子を叱ると、その子はまたミスを重ねます。

叱ってミスがなくなるということはありませんでした。

 

さらに、僕が叱るので、周囲の選手もミスをした子を責めます。

萎縮してどんどんミスを重ねていくのです。

また、他の選手もミスをしないように、消極的なプレーを選択するようになります。

 

僕は、自分が子どもだったころを思い出しました。

「ミスをして叱られると、僕も同じだったな…」

 

ふと立ち止まって自分の行いを省みる。

それからというもの、ミスを叱ることはやめました。

ミスを重ねない言葉がけを心がけました。

 

おもしろいものですね。

大切なことは、いつだって子どもたちが教えてくれるのです。

 

 

結果よりも大切にしたいこと

はじめのうちは、勝つことにこだわっていました。

たとえ凡戦であっても勝てば満足していました。

どれだけ良い形をつくっても、負ければ叱っていました。

 

ところが、そういう指導をしているうちは、なかなか勝てませんでした。

負けてばかり。

弱いチームと練習試合を組んだときしか勝てません。

そんなことで褒めたり叱ったりすることがバカバカしく思いはじめました。

 

あるときから、勝ち負けにこだわるのをやめました。

一つの練習に、一つの試合に課題を設定しました。

 

「今日はボールポゼッション100%を目指そう」

「ハーフラインから越えさせないようにディフェンスしよう」

「3本に1本、ダイレクトパスを入れよう」

「クリア禁止」

「ヒールキック多用」

「スルー多用」

 

それで、その課題をクリアするためにどうしたらいいかを子どもたちに考えさせました。

 

勝ち負けにこだわるのではなく、課題をクリアすることにこだわらせました。

ハーフタイムにも、子どもたちは自分たちで話し合いました。

 

試合後には、課題に取り組んだ気づきを話し合わせました。

すると、チームは県大会に勝ち上がったのでした。

 

皮肉なもので、叱ったり怒鳴ったり、声を枯らして指導していたころには勝てなかったチームが、指導をやめたら強くなったのです。

気づきました。

 

「このチームに僕はいらない…」 

 

僕があれこれ言うことは、子どもたちの可能性にフタをするような行為だったのです。

 

ただ見守るという大人の在り方が子どもを伸ばす

子どもの力を信じて手放せば、子どもたちはどんどん力を伸ばしていくことを体感しました。

 

先日、生徒の部活動の試合の応援に行ったときのこと。

観覧席から怒鳴る大人の実に多いこと。

 

「何やってるんだ!」

「◯◯、ちゃんとディフェンスしろ!」

 

中には審判のジャッジに大声で文句を言う人も。

 保護者でしょうか、先生でしょうか。

子どもたちの瞳に、そんな大人の姿はどのように映っているのでしょうか。

 

子どもたちは、大人の言うことは聞きません。

けれど、その姿をよ〜く見ているのですね。

そのことを心に留めておきたいと思います。

 

自分の在り方が子どもたちの可能性にフタをしていないか。

常々問い続けていかねばなりませんね。

 

ハッピーな子どもを育てる大人になるためのしつもん

子どもの可能性にフタをしないために、手放すものは何ですか?

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。