学校の体制に納得がいかない!そんなときは…

職場体制に納得がいかない

「学校の体制に

 納得がいかないときは

 どうしますか?」

 

そんな質問をいただきました。

 

 

人間には2種類しかいません。

「行動する人」「行動しない人」です。

 

 

納得がいかないなら、

「行動」すればいいんです。

 

 

行動できないなら、

「我慢」すればいいんです。

 

簡単です!

すべては、

あなたが選んでいることなんだもん。

 

 

もう一つ付け加えるならば、

「納得がいかない!」

といくら言ってみたところで、

 

僕の仕事っぷりが空っぽならば、

みんながそっぽを向いて終わりです。

 

 

まずは、

自分のできることを精一杯やって、

圧倒的な結果を出すんです。

 

 

これまで生徒指導上なんともならなかった子ども。

そんな子とコミニケーションを取れる唯一の先生になっちゃうとか。

 

意思疎通のはかれなかった保護者とつながるとか。

 

まあ生徒指導でも、

進路指導でも、

総合学習でも、

特別活動でも、

何だっていいんですよ。

 

 

とにかく圧倒的な仕事をすることです。

「この人、すごいな」

って思われる圧倒的な仕事です。

 

 

「発言力をもつ」ってことは、

そのバックボーンで

圧倒的な仕事量があるわけで。

 

 

職場においては「声が大きい人」の意見が通ってるわけじゃないの。

圧倒的な仕事量があるから「声が大きい人」になるの。

 

 

そこ間違えちゃうと、

職場の体制に不満ばかり抱えちゃうよね。

 

 

圧倒的な仕事ができてもないのにさ、

「納得いかない」とか言ってると、

 

「なにアイツ?

 なんにもしてないクセに」

 

って思われちゃうじゃない?

 

 

 

学校の体制に納得がいかない?

 

じゃあ納得がいく形にできるように、

まず自分自身が圧倒的な力を身につけること。

自分のブランド力を磨くこと。

 

 

「この人の言うことなら…」っていう自分になること。

それしかないんじゃないの?って僕は思う。

 

 

えっ⁉︎

僕ですか?

新卒1年目、辞令いただいた日から、気持ちだけは「一流の教育者」だと思って仕事をしてきました。(笑)

思うのは自由です。

あとは、やるだけ♡

 

 

ハッピーな先生になるためのしつもん

どの分野で圧倒的な仕事をしますか?

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者600人超のワークショップ『子どもとつながるリレーションシップ講座』を全国で開催。

9月1日は統計上子どもの自殺が最も多い日であるということを知り、2016年クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年、刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。

2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースした。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。現在は3期目、カレッジ生は30名いる。

3児の父でもある。