それって自己承認欲求ですか?


たとえばSNSが存在しなかったら、

あんなにも僕らは、

食べ物の写真を撮るだろうか。

 

 

僕らは贅沢をする。

その写真を人に見せたくなる。

 

 

著名人と会うと、

一緒に写真を撮りたくなるし、

SNSにアップしたくなるし、

タグ付けしたくなる。

 

 

この気持ちは何だろう?

 

 

自慢がしたい?

それだけではない気がする。

 

 

著名人と写っている人、

美味しいものを食べてる人なんて、

いくらでもいる。

 

 

SNSを眺めれば、

そんな人だらけだから。

別に自慢にはならないだろう。

 

 

じゃあいったいこれはなんだい?

ってことなのだ。

 

 

時折、「フェイスブックを辞めます」と宣言する人がいる。

「辞める理由」をダラダラと語る。

 

 

あれは、やっぱり何なのだろう?と思う。

 

 

みんな自分を見てもらいたい。

そんなところがあると思うのだ。

 

 

先日も講座中に、

いつまでも自分の話を続けている人がいた。

 

 

講師である僕としては、

サクサク進みたい。

 

 

 

周りが静かになると、

一層声が大きくなった。

 

 

 

あたかもその瞬間気づいたかのように装って、

「あら、気づかなかったわ」と言っていた。

 

 

その声は一際、大きな声だった。

 

 

(注目されたいんだな)と感じた。

 

 

教室を眺めれば、そんな子どもはいくらでもいる。

大人にいたって不思議ではない。

 

 

問題は何のために注目されたいか、なのだ。

満たされない自分の思いを満たすために、人から注目を浴びようとするのは浅ましい行為だ。

 

 

今の時代は発信力がモノをいう時代だ。

発信し拡散する力、応援される力が必要だ。

 

 

僕はそのためにyoutubeを使い、ブログを書き、メルマガを配信している。

ある意味では「注目を浴びること」で、クラウドファンディングを成功させ、仲間を募り、イベントオーガナイザーとして集客する。

セミナー講師として全国に呼んでいただいたり、講演を主催していただけるのも、そういう発信を続けてきたからだ。

 

 

子どもたちをハッピーにしたい。

そういうことが自然とできる大人を増やしたい。

先生も親も、そんな気持ちで子どもと接することができる社会になれば、日本の未来は明るい。

 

 

だから、僕は発信を続けている。

大切なのは「何のために」なのだ。

「目立つこと」は手段の一つなのだ。

 

 

できれば、僕は一人静かにパソコンに向かっていたい人間で。

目立ちたくなんかない。

 

 

妻に「あれに行け」「これに行け」と言われるけれど、実はほとんどの企画を断っている。

よほど直勘がゴーサインを出さないと動かない。

めんどくさいんだもん。

 

 

だから、僕は「奪うエネルギー」の強い人が苦手です。

というか、嫌いです。

 

 

ある、「見える人」から言われました。

「極端にセンシティブな人間」だと。

 

 

 

だから、「奪うエネルギー」の強い人って、すぐわかるんです。

一緒にいると、疲れるから。

 

 

今、ジャカルタに来ています。

あきらかに日本よりも貧しい国です。

 

 

日本は豊かな国かもしれません。

でも、心は豊かでしょうか。

 

 

なぜ、そんなにも周りから認められたいのかがわからない。

あなた自身があなたの一番のファンになること。

それさえできればこの問題は解決するのになぁと思うのですが。

くればやし ひろあき
公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者500人超のワークショップ『子どもとつながる問いかけの魔法塾』を全国で開催。この夏クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。3児の父でもある。