うまくいってない生徒先生の関係は、セックスレス夫婦の関係と似ている(笑)

自分をより輝かせるためにできる小さな一歩は何ですか?

細胞レベルで恋、してる?

 

最近の男性は弱くなったらしいよ。

草食系って言うの?

んで、セックスレス夫婦なんてなっちゃうんだって。

 

 

 

 

でもさ、それって本当に?

 

 

 

旦那さんの性欲がなくなったの?

それとも…。

 

 

 

 

 

 

あなたに魅力がなくなったの?

 

 

どっち?

 

 

 

 

 

お母さんになったからって、お母さんを演じる必要はないと思うよ。

だんだん地味な色、地味なデザインを選び、下着はベージュになり、布面積は増え…。

 

 

選んでる、選んでる。

そっちの方向を選んでる。

 

 

身に付けるもので、気分って変わるじゃない?

特に女性はそういうものでしょ?

だから、もっと女性としての魅力をバンバン出していこう♡

 

 

だって、出会ったころは、もうそりゃ好きで好きで仕方がなくて、ラブラブのチュッチュチュッチュだったわけでしょ?

それ、出してこ!

 

 

…で、ようやくここからが本題ね。

最近、パートナーシップの話ばかり書いてきたから、僕のブログを「パートナーシップ」のブログだと思った方がいたら、ごめんなさい。

 

 

このブログは、「教育」と「子育て」のブログです(笑)

 

 

ここから本領を発揮していきます!

 

 

 

子どもへの影響力は、指導力ではなく、人間的な魅力だと思うよ。

 

結局、男性に選ばれない状態を選んでいるのはあなたなわけで、それは男性の問題じゃないのかもしれない。

じゃあ、これを教育現場に置き換えるとさ、結局子どもの心を惹きつけるだけの魅力が、先生にないだけかもしれないって話になっちゃうわけ。

 

 

教え方がうまい先生と、そうでない先生がいます。

それはもう力量だから仕方がない。

 

 

ただ、子どもに影響力のある先生って、人間的な魅力がある。

人を惹きつける何かがあるわけ。

 

 

もちろん、子どもに影響力のある先生って、指導法の研究も欠かさないから、そっちも精通している人がほとんどなんだけど。

要するにどっちが先かって問題ね。

 

 

なんで、「人間的な魅力」を磨かないんだろうって思う。

すぐ、教育技術とか授業実践とか指導法とか、そっちばっかがんばるんだけどさ。

たぶん、子どもはそんなとこ、見てないんだよね。

 

 

 

なんつ〜か、もっと大人としての輝きを出してった方がいい。

「どんな大人になりたい?」って「しつもん」をしたらね、僕の名前を挙げた子がいたの。

しかも、女の子だよ。

驚き!

 

でね、「なんで?」って尋ねたらさ、

「先生って、なんか人生を楽しんでるって感じがするんだよね〜」って。

 

 

あ〜、この人生を楽しんでる感っていうのを、子どもは敏感に感じ取ってるわけ。

 

 

 

そんなわけで、まずは人間的な魅力だろ?って思うわけです。

 

 

例えばさ〜、ご飯の食べ方が汚いとかさ。

服が汚れているとかさ。

体臭とか、寝癖とか、鼻毛とか。

服がシワだらけとか、シャツが出てるとか。

 

 

気をつけるところがいっぱいあると思うのね。

そういうところからでも、直せるじゃん?

 

 

欲を言えばさ、身体はシャープな方がいい。

腹が出てるのに、健康教育とか笑われるじゃん。

 

 

髪はスッキリしよう。

そのダラしない髪型で、頭髪指導とかありえなくない?

 

 

何でいつもジャージなの?

それでどうして服装指導するわけ?

 

 

「受験のときだけ身だしなみを整えればいいのか?」っておっしゃる先生は多いんだけど。

いや、アンタ、出張のときだけスーツじゃん!

 

 

そういうところよ、そういうとこ。

子どもは見てるんだってば。

 

 

あと気をつけたいのはさ。

子供に好かれよう好かれようとして、失敗することって多いのね。

これはあれだね。

女の子に好かれよう好かれようとして、最終的に嫌われるパターンと同じ。

 

 

いや〜、よくあった!(笑)

気を遣い過ぎて女子に嫌われるタイプね。

「優しい人が好き」っていう女性に「優し過ぎて疲れる」っていう理由でフラれるタイプね。(爆笑)

 

 

「誰それ?」って?

 

 

俺だよっ!

 

 

人と人との間に「つながり」を育むなら、まず自分の在り方なの。

自分をいかに磨くか。

変えられるのは自分だけだから。

 

 

はい、いつものフレーズが出たところで今日はおしまい♡

 

 

ハッピーな先生になるためのしつもん

自分をより輝かせるためにできる小さな一歩は何ですか?

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者600人超のワークショップ『子どもとつながるリレーションシップ講座』を全国で開催。

9月1日は統計上子どもの自殺が最も多い日であるということを知り、2016年クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年、刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。

2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースした。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。現在は3期目、カレッジ生は30名いる。

3児の父でもある。