なるほど the 産後クライシス♪

パパを育てるのもある意味子育て

俺はパパママ教室が嫌いだ!

子どもができると、産科や助産院のお世話になることになります。

我が家には、中学生、小学生、幼稚園児の子どもがいます。

3人は別々の病院で生まれました。

 

 

長男は、地元でも有名な老舗の産科。

長女は、新しくできたおしゃれなクリニック。

次男は、映画『うまれる』にも登場する吉村先生の吉村医院。

映画『玄牝』でも有名です。

 

 

そんなわけで、病院や助産院で出産する場合、その病院のパパママ教室に参加する必要があります。

これからお父さんお母さんになる夫婦を集めて、その心得を学ぶわけです。

 

 

僕はあの『パパママ教室』が嫌いです。

 

 

看護婦さんや助産師さんからいろいろ学ぶわけですが、ハッキリ言って…。

うるせ〜よ!って思ってました。

 

 

定番商品である、「身重のお母さんのお腹体験ベスト」を着させられ、「大変なのよ、お母さんは」ってことをやたら言われます。

 

身体を鍛えていた僕は、100Kg以上の重さで筋トレしまくってた僕は、正直5Kgぐらいのベストを着たところで、重くもなんともありません。

 

 

でも、助産師さんの無言の圧力。

僕ら新米パパに許された答えは「あっ…、重いですね。お母さん、大変っすね」しかありません。

 

 

満足そうな助産師さん。

その後も、いかにお産が大変か、いかにお母さんが大変かが語られ、「あなたはしっかり支えなきゃダメよ」と言われ。

もうしつこくしつこく言われ。

 

 

だんだんパパになるのがイヤになります。

マジで!

 

 

 

不安を煽ってど〜すんだ?

 

ハッキリ言って、そんなに不安を煽る必要なんてないんです。

助産師さんは女性の気持ちはわかるかもしんないけどさ、男の気持ちが全然わかってね〜なって、ヤングなパパだった僕は思いました。

 

 

もっとワクワクする話をしてくれたらいいのにな。

さあ、一緒にお産、がんばろ!

子育てがんばろ!

妻を支えよ♡って気分にさせないんだもん。

 

 

やたら不安を煽り、

がんばれ!がんばれ!って言われたらね、

そりゃ、イヤになりますよ。

 

 

 

これはあれだね。

「学校の先生」が受験を前に「高校は大変だ〜。高校は大変だ〜」って煽られたら、ちょっとモチベーションさがるじゃん。

あんな感じだべ。

 

 

 

 

映画『うまれる』の中で助産師さんだったか、お医者さんだったかが言うんだよね。

「男性はお産のとき役に立たないって感じるみたい。

でもね、旦那さんがそばにいるだけで、お母さんの心は安定するの」って。

 

 

聞きたいのはそういうことだよ!

わかります?

 

 

結局、男も女も、存在そのものが神ですわ♡ってところを押さえておきたいよね。

 

 

男ってバカだから、ワクワクさせなきゃ伸びないの!

「なんだ俺、ここにいるだけで支えてんだな」って思わせたら勝ちよ(笑)

 

 

子育てに迷ったときに出逢いたい100の言葉

パパを育てるのも、ある意味子育て♡(笑)

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者600人超のワークショップ『子どもとつながるリレーションシップ講座』を全国で開催。

9月1日は統計上子どもの自殺が最も多い日であるということを知り、2016年クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年、刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。

2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースした。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。現在は3期目、カレッジ生は30名いる。

3児の父でもある。