動画講座『授業力が驚くほど上がる7つの秘訣』


「自分は授業がうまい」と信じていました。

まだ若かりしころ、

僕は「授業がうまい」と勘違いをしていました。

 

 

話術に長けていると

一見うまく見えるのでした。

 

 

ほどよく雑談を入れ、

笑いを取る。

 

 

子どもたちから

「先生の授業はおもしろい」

と言われる。

 

 

でも、

それは大きな間違いでした。

 

 

教科学習がおもしろいのではなく、

授業がおもしろい…。

 

 

それは、

まさに3流教員の証でした。

 

 

はじめてそのことに気づいたのは、

中学校3年生の授業でした。

 

 

まもなく、卒業を迎える子どもたち。

教材は魯迅の『故郷』でした。

 

 

教員生活2年目。

妻に紹介されて、

ある授業実践をそのままやってみました。

 

 

すると、

子どもたちの反応が違いました。

 

 

僕のパーソナリティーで授業を展開するのではなく、明らかに発問と指示によって、子どもたちが教材にのめり込んでいくのです。

 

 

若い僕はショックでした。

 

「これが本物の授業か…」と思いました。

それからというもの、

僕は自分の授業力を磨くことに専念しました。

 

 

海外で、そして日本で。

僕が授業者として、

「いつでも授業を見に来ていいよ」

と言えるのは、

そうやって、自分の授業力を磨いてきたからでした。

 

 

この動画講座は、僕が実践してきたことをお伝えする動画講座です。

 

「授業にイマイチ自信がない」

「教室で子どもたちが楽しそうじゃない」

「もっと子どもを惹きつける授業がしたい」

 

そんな向上心のある先生のお役に立てることを願っています。

 

 

どんな動画講座か

この動画は、「はじめに」の動画です。

 

 

このような動画が9本あります。

合計45分の動画講座です。

 

 

動画はyoutubeに限定公開でアップされています。

PDFのリンクからご視聴いただけます。

 

 

動画講座『授業力が驚くほど上がる7つの秘訣』

 

1 先生はファシリテーターに徹する(教えない方法を考える)

 

2 アウトプットを意識する

 

3 挙手の使い方を変える

 

4 ノート指導と黒板の使い方

 

5 子どもたちに手放せるものはすべて手放す。

 

6 指示を明確にする。

 

7 授業プランの作り方

 

 

 

教室をハッピーにしよう

 

教室をハッピーにするなら、

楽しい授業がしたい。

 

 

授業の準備ほど楽しい時間はありません。

でも、忙しい毎日。

授業の準備ほど後回しにされやすいものです。

 

 

この授業力講座は、

発問力と指示を磨くことで、

授業中に先生を暇にする講座です。

 

 

暇と言ってはいけませんね。

先生に時間を生み出す授業術と呼んでもいいでしょう。

 

 

学年主任で、進路指導主事で、学級担任で、国語主任で、図書主任で、2学年授業に行っていた僕が、定時で帰り、絶対に家に仕事を持ち帰らず、誰よりもおもしろい授業ができた秘密をまとめてあります。

 

 

授業中に内職しまくってました(笑)

 

 

だって、子どもは熱中して学ぶんだもん。

「教えない」で「学ばせる」。

これがポイントです。

 

 

その秘密を、この動画講座ではお届けしています。

 

授業力向上講座『授業力が驚くほど上がる7つの秘訣』

 

 

くればやし ひろあき

1978年8月12日生まれ 愛知県名古屋市出身 愛知県刈谷市在住 妻と3人の子ども(高2、中3、小4)の5人家族

2001年、大学卒業と同時に正規採用されて名古屋市立の中学校に勤務。愛知教育スポーツ振興財団による中学夜間学級にて講師、名古屋市教職員組合瑞穂支部青年部長、名古屋市教育委員会教育派遣員、全国教育研究集会正会員など、初任の教員としては異例のスピードで評価を高めていく。

2007年、当時市内で最も荒れた中学校を立て直すことに奔走。生徒指導主事、進路指導主事を歴任。
その成果が認められ、2012年文部科学省から派遣されて在外教育施設(日本人学校)に出向。当時生徒数が世界最大の日本人学校で生徒指導部長を務める。海外で様々な起業家にお会いし、起業の意思を固め2015年に帰国。
名古屋で唯一の小中一貫校である名古屋市立の中学校に着任。学年主任、進路指導主事を兼務する多忙な中、ブログとメールマガジンの執筆をスタートする。

2017年退職して独立。ママコミュニティーの運営やイベントの主催、全国にて子育て講座や講演活動を行う。

「9月1日は子どもたちが最も自ら命を絶つ日」ということを知り、子どもたちに命の大切さを啓蒙する映画上映会を企画。クラウドファンディングで100人の支援者から80万円を資金調達し、 愛知県内8会場で映画上映会を主催。のべ1000人を動員した。その成果が認められ、市民代表として刈谷市自殺対策推進委員を市より委嘱される。

2018年からは「児童虐待」にスポットを当て、「虐待してしまうママを責めるのではなく、そんなママに手を差し伸べることこそが、子どもの命を守ることにつながる」と考え、 『子育て万博 2018』(愛知県安城市)を主催。250人を動員。『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
2019年 『子育て万博 2019』(愛知県安城市)を主催。300人を動員。音楽CD『ありがとう』(岡谷柚奈さん)を製作・販売。

同じく2019年、全国でSTR入門講座を開催し、400人が受講。個人セッションとして 100家族以上を相談を行う。また、ご依頼いただき歯科クリニックのコンサルティング及び企業研修を行う。

2020年からは、STRのインストラクターとしての活動をスタートし、基礎講座・応用講座を開催。これまでに門下生55名を育成している。
株式会社ミナクル組織研究所として法人化。