ウチの子、好き嫌いが多いんです。

好き嫌いくらいで人は成長を止めないよ

好き嫌いをなくすのって大事なの?

玉ねぎが嫌い。

トマトが嫌い。

人参が嫌い。

ピーマンが嫌い。

牛乳が嫌い。

 

 

そういう子供を見ると、

好き嫌いをなくそうと奮闘する。

 

 

「好き嫌いがあっちゃダメよ」

なんて言う。

 

 

あれがよくわからないんだよね。

そんなに嫌いなものを食べることって大事なのかなぁ。

 

 

嫌いでもよくないか?

それを食べさせることが本当に大切なことなのか?

 

 

お母さん♪

そんなことで悩む必要なんて、

ないんだよ。

 

 

いろんな子どもたちに出会ってきた。

 

 

たくさんのアレルギーを抱えている子もいたなぁ。

修学旅行や野外学習に出かけると、

「何を食べさせたらいいんだろう?」

と思う子もいた。

 

 

「何食べて生きてんの?」ってぐらい、

いろんなアレルギーを抱えててね。

 

 

でも。

 

じゃあその子が極めて身体が小さいかというと、そういうこともなく。

 

 

ちゃんとみんな大きくなるんだよね。

食いモンと背丈は全然比例しない。(俺調べ)

食いモンと健康状態は全然比例しない。(俺調べ)

 

 

毎日カップラーメンの健康優良児もいたなぁ…。

 

 

なのにさ、

みんな一生懸命になるんだよ。

好き嫌いはダメだって。

 

 

 

確かには重要さ。

でも、それで子育てを苦しくさせてんなら、ちょっと違うぜって言いたい。

 

 

 

 

みんなが好きなものは嫌いでも許される。

 

一方、

 

 

たとえ嫌いな食べ物でも、

たまにいるのがさ、

苺が嫌いな子ね。

甘いものが嫌いって子もいる。

 

 

でさ、なんでだろう?

そういうのって直そうとはしないよね。

 

 

苺を食べられるようにしようとか。

リンゴを食べられるようにしようとか。

あれは、なんだ?

 

 

基本的に子どもには子どもの味覚があって、

そりゃ野菜が美味しくないのもよくわかる。

 

 

子どものころ、

レバ刺しの何が美味いかわかんなかったし、

ビールは苦いだけの飲み物だった。

 

 

味覚も変わるわけ。

だから、大人の

「野菜も美味しいのにぃ」は、

とっても迷惑な価値観の押し付けだと思う。

 

 

んで、この好き嫌いの話を考えると、

「みんな我慢して食べてるんだから、あんたも我慢しなよ」的な

空気を感じるわけだ。

 

 

不味いと感じる人がけっこういるお野菜は、

「好き嫌い」はダメよ、となる。

 

 

多くの人が美味しいと感じるデザートは、

「あら、こんなに美味しいのにねぇ」となる。

 

 

好き嫌いが本当にダメなら、

苺が嫌いな子にも、

あれこれ工夫して苺を食わせるだろ?

レバ刺しも生牡蠣も豚足もホルモンも食わせなきゃいけないだろ?

 

 

なんで野菜や牛乳だけは好き嫌いを是正しなきゃいけないのさ。

 

 

そこにね、僕らの子育てに「こうでなければならない」が存在すると思うんだよね。

野菜は食べさせなければならない!ってヤツね。

 

 

その空気感がお母さんを悩ませる。

いやいや、悩むポイントはそこじゃないでしょ?と思う。

 

 

いいじゃん、別に!

野菜ぐらい食べなくたって生きていけるって、マジで。

あと、大人になると味覚が変化するから好きになるかもしれないし。

 

 

子どものころって、ナスの美味しさがよくわかんなかったな。

おっさんになったら、ナスの美味いこと。

 

 

あと、ミョウガね。

エシャロットも好きなんだよね。

いずれも、子どものころは食べ物とは思えない味がしたよ。

 

 

ただ、これだけは言っておく!

パクチーは未だに無理だ!

あれは食べ物には認められねえ!

 

 

そんなわけで、「好き嫌い」を直すことに一生懸命になるぐらいなら、好きなものがさらに好きになる工夫した方がワクワクするんじゃね?って思うわけです。

 

子育てに迷ったときに出逢いたい100の言葉

好き嫌いぐらいで人は成長を止めないよ♪

 

くればやし ひろあき
公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者500人超のワークショップ『子どもとつながる問いかけの魔法塾』を全国で開催。この夏クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。3児の父でもある。