子供から嫌われる方法

子供に嫌われる

大人はやり方を知っている。

だから、やり方を教えたくなる。

一見、それが近道に思えるから、ついつい大人は教えたくなる。

 

 

子供の気持ちはどうなんだろう?

 

 

あのね。

大人はすぐに教えたがる。

「あーしなさい」

「こーしなさい」

と言いたくなる。

 

でもそれ、

教えて「あげてる」わけじゃないの。

教えたいから教えてるの。

 

つまりは、「子供のため」ではなくて「自分のため」だったりするのね。

 

あのね。

 

やり方を教えると、やり方を発見する機会を失うでしょ?

それは、子供から大切な経験を奪うこと。

 

 

子供は一生懸命考えて、わかんなくて、でも考えてるわけ。

そんなとき教えてあげると気持ちいい。

「どうだ、大人はすごいだろ」って気持ちになる。

 

自尊心が満たされる。

だれの?

 

大人のね。

 

で、「それって教育かい?」って思うわけ。

「自己満足でしょ」って思うわけ。

 

それで、一生懸命考え込んでる子には、そっと「突破口」を届けてあげるといいんですね。

 

「それを解決するためにどんなことができそう?」

 

学校で学ぶことなんて、だいたい教科書に載ってる。

「どこに載ってるか、調べた?」

「そこ読んだ?」

なんて尋ねてあげる。

 

突破口さえわかれば、あとは本人の問題。

やるか、やらないか。

ただそれだけ。

 

やり方を教えるのではなく、やり方を発見する手助けをする。

 

困っているように「見える」子供を見つけてアドバイスする。

すると、子供が沈んだ表情を見せる。

 

これはつまりあれだね。

ネタばれと同じ理屈。

一生懸命考えてて、ここまで出かかってて、あぁ〜もうすぐわかりそうってところでネタばらししちゃうのと同じなわけね。

 

必要としているものを、必要としている分だけ伝えればいいの。

アドバイスして気持ちよくなってる大人を、子供は「ウザいな」と思って見てるわけさ。

 

 

どうも大人は介入しすぎるんだ。

「親だから」「先生だから」なんてのはとりあえず横に置いておく。

 

この子に必要なものは、この子が自分で獲得していく。

周囲が与えられるものではないと思う。

それって信頼じゃない?

 

で、子供を信頼していない大人を、子供はやっぱり信頼しないわけ。

だって世の中は鏡だもん。

 

そういう大人を子供は嫌うわけです。

 

子育てに迷ったときに出逢いたい100の言葉

大人が気持ち良くなっちゃうと、子供は沈んでいく。

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。