思春期の子供との接し方

子どもとの関わり方 子どもとの接し方

子供に嫌われる方法を教えます♪

子供って介入してくる大人が嫌いなの。

コントロールしてくる大人が嫌いなの。

 

で、これって「大人」と「子供」って関係で見てるからさ、ついつい大人は子供のことに介入したくなるわけです。

 

ついついコントロールしたくなる。

アドバイスしたくなるし、指示したくなる。

 

 

上下の関係で見ちゃうと、そうなるの。

 

とはいえ、それって仕方がないよね。

だって親だもん。

赤ちゃんのころからずっと一緒にいてさ。

そういう視点になっちゃうのも仕方がないかなって思うの。

 

でもね、子供も思春期になると、ちゃんと自分の頭で考え、自分の足で歩き出すんだな。

もう思春期って実は大人なんだ。

そのことに気づけないで親が「親をやろう」とがんばっちゃうと、「ウザい親」になるわけさ。

 

 

思春期の子供はちゃんと親を乗り越える。

いや、乗り越えさせてあげるんだよ。

上手に乗り越えてこないと、子供時代を卒業できないから。

 

 

子供時代を卒業させてもらえなかった子供たち、僕は何人も出会ってきました。

 

「反抗期がない」

 

そんなときは2パターンあってね。

一つは「反抗させてもらえなかった」ってパターン。

今の親世代には多いみたい。

親が厳格すぎて反抗できない!みたいな。

 

 

でも最近はちょっと違うんだ。

介入しすぎで反抗できないってパターン。

 

「あなたはどうしたいの?」

 

そう尋ねた僕に、こう答えた男子生徒がいたんです。

 

「お母さんの言う通りにしたいです」

 

「なんで?」

 

「だって、その方が楽だから。叱られないし」

 

むむむ!

クラクラしました。

年々こういうの増えてきました。

 

 

とってもいい関係で、友達みたいな関係って方もいるじゃない?

それでも恋人同士の倦怠期のようなものはあるみたい。

 

軽い反抗期。

軽微な反抗で終わるようですが、欠片もないなんてことはないみたい。

 

だから、反抗期はあっていいんです。

反抗期が欠片もないなんてのは、僕はやっぱりどうかな?と思うわけです。

ようは程度の問題です。

んで、乗り越えるタイミングが来たら、ちゃんと乗り越えさせてあげることが大切なんです。

 

 

そんなこんなで、親をやってるとついつい「子供扱い」したくなるわけですよ。

先生をやってても同じかな。

 

どっかのタイミングで子供たちは気づき出すわけです。

「子供扱いしてんじゃね〜よ!」ってね。

 

思春期の子供との接し方に悩まれている方が多くいます。

思春期の子供と接するのって、「大人」と「子供」という視点で考えるとうまくいきません。

 

いっそのこと、「師匠」のつもりで接してみるといい。

 

僕らは子供を育てているようで、実は子供に育てられているんです。

だから、いっそのこと、子供を「師匠」にしてみましょう。

 

どうです?

お師匠様のやることに対してですね…

 

「介入しよう」

「コントロールしよう」

「アドバイスしよう」

「指示しよう」

 

そんなことは思わないでしょ?

 

そういう接し方で3日も過ごせば子供が変わります。

変わったのは子供ではなくて、あなたなのだけれど。

 

変えられるのは自分だけ。

そして、自分が変われば世界が変わるという。

世の中は鏡ですからね。

 

子供とつながる魔法の質問

どんな子供時代を過ごしてきましたか?

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。