心をすり減らして生きてる時間が、僕らにはない。

子どもとつながる問いかけの魔法 もくじ

生き方って選べるんだよね。

選んでいいの。

 

 

僕は16年勤めた「学校の先生」を辞めた。

文部科学省に選ばれ、海外派遣教員として海も超えた。

一応優良教員なので、教員免許更新講習も免除だったりする。

 

 

まあ、ある意味、順風満帆だったわけ。

だからかな。

「辞めると決めて反対されなかった?」って話は、よく尋ねられる。

 

 

もちろん、実家の父や母には猛反対された。

「もったいない」って。

 

 

まあ、でもね、ウチの妻はカケラも反対しなかったの。

 

そもそも、僕を大きく変えたのは、マツダミヒロさんの『ビジネスマスター』というオンライン講座だったの。

それを紹介したのは妻ね。

 

「俺、帰国したら仕事やめるから」

 

そう言って、上海から帰国。

1年生の担任だったら3年。

2年生の担任だったら2年。

3年生の担任だったら1年。

 

「もう一度だけ子どもたちを卒業させたら、僕も卒業しよう」

 

そう決めていた。

かくして、中2の学年主任になった。

残された期間は2年間だった。

 

 

となれば、もうやるしかない。

フェイスブックページをスタートし、ブログを作り、メールマガジンの配信を始めた。

仕事を猛烈なスピードで終え、どれだけ後ろ指を指されようが、定時で退社。

 

 

学年主任で、進路指導主事で、学級担任で、国語主任で、図書主任で、学年の生徒指導も学年会計も修学旅行も総合学習も、「ぜんぶ俺」。

授業は2学年受け持ち。

 

 

そのかわり、外部の研究会やら組合活動はぜんぶ切った。

もう辞めるって決めているのに、やる理由がないし。

それで、やっぱり叩かれたりもした。

 

 

よくよく考えると、そういう「完全なるボランティア」の外の仕事もいっぱいやっていたわけだ。

ぜんぶ切って叩かれたけれど、要するに勤務時間外の無償労働は切り捨てたわけ。

 

 

その時間を僕は未来のために使った。

進路指導が忙しくなる12月に、完全招待制イベントを企画するとか、よくよく考えたら普通じゃないよね。

 

 

仕事を辞めることは、1年前の春には校長先生に伝えてあった。

「もう辞めますから、代わりの先生を見つけておいてくださいね」と。

 

 

退路を断つのと代わりを見つけてもらうための配慮ね。

12月にいきなりあと3ヶ月で辞めます…みたいなのは愛がないじゃん?

 

 

そもそも、国語の先生って女性の割合が多いから。

生徒指導に長けた国語の先生って、どうしたって少ない。

 

 

まして。

学年主任で、進路指導主事で、学級担任で、国語主任で、図書主任で、学年の生徒指導も学年会計も修学旅行も総合学習も、「ぜんぶ俺」。

授業は2学年受け持ち。

 

 

死んだら確実に過労死に認定されそうな校務分掌なわけ。

ホント辛かった。

 

 

正直いうと、学校の体制もマジで辛くて。

だからこそ、「学校の先生」って仕事には、カケラの未練も残さずに辞めることができた。

なんか、ラストはすげ〜孤独な気持ちで仕事に没頭したな。

 

 

これは本当にありがたいことだと思う。

これまで赴任した学校のように、素敵な仲間に囲まれていたら、踏ん切りがつかなかったかもしれない。

 

 

 

こういうの一つ取っても感謝なの。

迷わなかったもん。

 

 

「俺、16年もこの仕事やってきて、最後はこの扱いなの?」って思ったな。

離任式も早く帰りたいなぁ…って思ったし。

 

 

 

まあ、だからこそ振り向かずに進めたな〜って心から思うよ。

 

 

この前ね、別のところから、数ヶ月間だけ講師のお話があったの。

まあ、こんな時期に突然の講師の話だから、「ワケあり」なんだろうけど。

「ちょっと面白そう」って思ったんだよね。

でも、ふと最後の学校の経験が頭をよぎって、「もう今の僕では楽しめないな」って思い直した。

 

 

定年まで「学校の先生」を続けますって人もいる。

いつか「学校の先生」を辞めますって人もいる。

 

 

どっちがいいとか悪いとか、ないよね。

ただ、退職を経験した僕が一言お伝えできるとしたらね。

 

 

「卒業のタイミング」は必ずやってくるってこと。

マジで身体とか心とか壊すまでやっちゃダメだ。

 

 

僕はそれは声を大にして言いたい。

生き方は選べるから。

 

 

そうそう。

16年間働いて38歳。

たぶんこれからの時代はさ、70歳ぐらいまで働くんだよ。

 

 

そうすると、あと32年。

つまり16年の2倍さ。

 

 

そんなにも、この働き方をする自信はなかったな。

正直言って。

「あと32年はやれねぇ…」

そう感じたの、肌感覚でね。

 

 

一番、身体の無理の利く時期に辞めて、これから一生涯続けられるビジネスを構築する方が、現実的だと思ったの。

全盛期だよ、今。

だから、辞めるの。

 

 

校長になれる?

いや、別にそれは、僕の中で魅力的に映らなかったんだよね。

 

 

あのね、「校長先生が魅力的じゃない!って書いてるわけじゃないからね。

僕にとって、そのポジションは面白くないって意味ね。

 

 

校長になったら、好き勝手にやれると思ってたんだけどね。

どうも、そうじゃないぞ、と。

なんか「社長」っていうより「店長」だよな…、って思ったの。

 

 

あくまでも、僕の目で見た感想ね。

悪口じゃないからね。

素直な感想として、社員の生活を守ってる「社長さん」のイメージからすると、なんとかお店を切り盛りしている「店長さん」の方が近い感じがしたんだよね。

 

 

僕は、ず〜〜っと教育は「人」だと思っている。

「人」がすべて。

 

 

だから、使えない教員はさっさとクビにした方がいい。

…と若い頃は思ってたんだ。

 

 

でもね、どうやら、そうではないらしい。

「使えないヤツ」をうまいこと使って学校を回していく能力が「店長さん」には必要みたいなのよ。

 

 

まあ、その能力は僕にはないことが、学年主任をやってみてよくわかった。

マネージメント能力なし。

完全なるプレイングマネージャーだった。

二刀流どころの騒ぎじゃないぜ。

 

 

で、追い込まれて、マジで心折れそうになってたもんな。

 

 

今はね、心は健康そのもの。

マジで最後の1年は病んでたから。

心が病んでた。

 

 

「早く辞めて〜」って、毎朝思ってた。

でも、生徒がかわいくてね。

「この子たちの進路を決めて卒業させてあげたい」

その思いだけで、毎朝電車に乗っていたもん。

 

 

仕事を辞めた今、僕は堂々と言える。

「生き方は選べる」って。

説得力があるでしょ?

 

 

公務員は安定してる?

ウソウソ。

心が病んだら、安定もへったくれもあるかよ。

 

 

今もときおり、仕事が辛いです…と相談のメールが届く。

「辛い」と思ったとき、心が擦り切れて穴があくまで働くってのも一つだよな。

そうしたい人はそうすればいいさ。

 

 

それを選んでいるのは、あなただもん。

誰も悪くないよ。

あなたが悪いわけでもないよ。

 

 

選んだ道。

ただそれだけのことね。

 

 

 

僕は「辛い」と思ったとき、別の生き方を選べる体制を作っておくのがいいと思うよ。

人生のリスクヘッジだよな。

お金の勉強も、ビジネスの勉強も、イヤってほどした。

それもまた、僕が選んだことだよね。

 

 

そうやって、2年で準備して、公務員を辞めたんだ。

あなたも「やりたいこと」やった方がいいと思うよ。

マジで。

 

くればやし ひろあき
公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者500人超のワークショップ『子どもとつながる問いかけの魔法塾』を全国で開催。この夏クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。3児の父でもある。