直感を信じるということ

小玉泰子さんトークライブ

正解か、不正解か。

損か、得か。

そんなことを考えて動く。

僕らには、そういうところがある。

 

 

人間は、脳の機能の5%ほどしか使えていないらしい。

まさに、氷山の一角。

水面下に眠る95%の力を使えたら、それは超能力者。

そんな研究を真面目に行っている研究機関もあるらしい。

 

 

だが、僕らはわずか5%の思考で、物事を考えてしまう。

 

 

正解か、不正解か。

損か、得か。

そんなことばかり考えてしまう。

 

 

「これは儲かりそうだ」

「やった方が得だ」

「手伝ったら、見返りがあるかも」

 

 

そういうところって、あると思う。

僕だってそうだった。

だから、人生がおもしろくならなかった。

 

 

作家のひすいこたろうさんが「ノーベル平和賞もの」と大絶賛のコトダマメソッド『まなゆい』。

そんな『まなゆい』の生みの親(?)、小玉泰子さんとトークライブをした。

 

 

彼女は、ワクワクで人生を生きている人だ。

「自分を生きる」

そんな言葉がぴったりと来る。

 

 

直感にしたがって行動している。

 

 

「アラスカに行きたい」と感じて、アラスカへと旅立つ。

「南極へ行きたい」と感じて、南極へ旅立つ。

とにかく感じるままに。

正解か、不正解か、損か、得か。

そんなことはどうでもいいのだ。

 

 

彼女の行動指針は、「ビビビ」なのだ。

ただ、それだけを信じて行動してしまう。

それが彼女の魅力を創り出している。

 

 

ところがである。

彼女はまた直感で変なものを受け取ってしまう。

 

それは「直感を信じるのをやめて生きてみよう」だ。

なんて壮大な人体実験(笑)

あえて、「自分を生きない人生」をスタートさせてしまう。

 

 

普通、「自分を生きない人生」から「自分を生きる人生」にシフトする。

そうするために、自己啓発やら何やらに、人は多額のお金を出費する。

 

 

ところが…。

彼女は逆のことを、あえてやってみることにした。

 

 

すると、どうだろう。

人生が立ちどころにうまくいかなくなり、彼女の体調にも大きな変化が生まれたのだという。

「自分を生きない苦しさ」を初めて知ったたまちゃん。

 

 

やっぱ人生、自分を生きた方がいいよねってあらためて気づいたたまちゃん。

 

 

その後、さまざまな紆余曲折を経て、ある年の金環日食の日、空を眺める彼女のもとにコトダマメソッド『まなゆい』はやってきたのだと言う。

『まなゆい』の生みの親の後に(?)をつけたのには理由がある。

 

 

彼女の言葉を借りるならば、正確には『まなゆい』は彼女が生み出したものではない。

「やってきた」「降ってきた」が正しい表現のような気がする。

 

 

ワクワクで生きる小玉泰子さん。

一方で、この世界にはワクワクで生きられない人たちが山ほどいる。

 

 

神様はきっと彼女にこんな使命を与えたのだと思う。

「あなたのようにワクワクを生きる、自分を生きる人を増やしなさいよ」って。

 

 

だから一度、「自分を生きない」ということを体験させたのだと思う。

そして、『まなゆい』を彼女の元に届けたのだと思う。

 

 

人生はこれだからおもしろい。

自分の人生を紐解いてみよう。

 

 

すべての人には、生まれてきた意味がある。

そのストーリーを選んで、あなたは生まれてきたのだ。

 

 

子どもは親を選んで生まれてくると言う。

人生のストーリーを選んで生まれてくると言う。

そして、そのストーリーを生きられる「あなた」を選んで生まれてくるのだよ。

 

 

だから、人生はすべて、うまくいくようにできている。

大切なことは、「正解か、不正解か」「損か、得か」ではない。

ワクワクするか。

ただ、それだけ。

 

 

心の声に耳を傾けてみよう。

あなたの内側に眠る記憶が反応してくれるはずだ。

直感とはそういうものだと僕は思う。

 

 

魔法の質問

ワクワクした瞬間は、どんなときですか?

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。