先生が本橋麻里さんなら、学級はきっとうまくいく♪

女子カーリング 日本代表

おめでとう!カーリング女子日本代表!

女子カーリング日本代表が平昌オリンピックで銅メダルを獲得しました。

 

 

英国との3位決定戦。

第10エンド、英国のスキップであるイブ・ミュヘッドさんが投じた最後の一投。

氷上を駆ける赤いストーン。

理想的なコースを描いたように見えました。

しかし、ハウスの中心に陣取ったのは、日本の黄色いストーンでした。

 

 

吉田夕梨花さん、鈴木夕湖さん、藤沢五月さん、吉田知那美さん。

氷上での4人ばかりに注目が集まります。

ですが、もしかしたらメダル獲得の影のMVPは本橋麻里さんなのかもしれません。

 

 

マリリンこと本橋麻里さん。

2006年のトリノオリンピックでセカンドとして7位入賞。

一躍「カーリングの顔」となった彼女は、2010年のバンクーバーオリンピックでもセカンドとして出場し、8位入賞を果たします。

 

 

しかし、転機が訪れます。

その後、それまで所属していた『チーム青森』を脱退。

ロコ・ソラーレ(LS北見)を結成します。

 

 

イチからスポンサーを集め、選手を集め、競技を続けます。

しかし、2014年ソチオリンピックの出場は叶いませんでした。

決して順風満帆ではなかったLS北見。

 

 

2015年にはスキップの藤澤五月さんがチームに加わります。

こうして、彼女を中心としたLS北見は、ついに平昌オリンピックへの切符を手にします。

 

 

本橋麻里さんはリザーブの選手として、コーチボックスから戦況を見守ります。

今でも実力はピカイチ。

 

 

開幕戦では、吉田夕梨花さんが左肩に違和感を訴え、麻里さんは緊急出場。

しかしながら、安定したプレーを見せます。

「いつでも準備はできている」と言う、まさに最強のリザーブです。

 

 

 

陽の当らぬ場所で咲くということ

プレーヤーとしても、一流である本橋麻里さん。

でも、彼女は決めました。

「自分はなるべく試合には出ない」と。

 

 

 

第一人者である彼女が前に出ては、若い選手たちが伸びないと考えたのでしょうか。

氷上でプレーしたい気持ちをグッと抑え、バックアップに徹します。

 

 

 

選手たちが宿舎で休む中、黙々とストーンを投げ、データを取り続けます。

ナイトプラクティスと呼ぶのだそうです。

まさに、寝る間も惜しんで氷やストーンの特徴を細かく掴んでいくのです。

 

 

すべては、カーリングのため。

すべては、チームのため。

彼女は献身的に動き続けます。

 

 

メンタルスポーツであるカーリング。

見ている私たちまで、息を飲む。

まして、プレーしている彼女たちにかかるプレッシャーは想像すらできません。

 

 

そのメンタルを支えたのも麻里さんでした。

 

 

第5エンドが終わると、休憩時間になります。

通称「もぐもぐタイム」と呼ばれる休憩時間。

プレーエリアまで降りてきて声をかけます。

おやつを差し出します。

 

 

精神的な支柱であることが伺えます。

 

 

19歳という若さで、初出場したトリノオリンピック。

「マリリン」の愛称で一躍「カーリングの顔」になりました。

 

 

そんな彼女がリザーブとして、あえて控えに回ります。

若い選手を励まし、サポートします。

誰もいなくなったリンクで、黙々とストーンを投げ続けます。

 

 

 

決勝トーナメントに進むこともなく、銅メダルを取ることもなければ、そこは陽の当らぬ場所であったかもしれません。

 

 

いっときスターとなった選手が、今度は陽の当らぬ場所で咲く。

それは、決して簡単なことではないと思うのです。

 

 

お母さんでもある麻里さん。

2歳の息子さんが見守るオリンピックの舞台で、彼女は偉業を成し遂げました。

 

 

本橋麻里さんの在り方から学ぶ。

彼女の在り方には、多くの学びが溢れています。

黙々と教材研究に励む。

学校行事の準備をする。

深夜、日付が変わるまで、進路の書類を作り続けたこともありました。

それらは、いわば保護者の目には見えない仕事です。

 

 

 

卒業式に向けて、手紙を書いたり、動画を作ったり。

これらは、やってもやらなくても良い仕事です。

それでも、先生はやるのです。

やらずにはおられないからやるのです。

 

 

「学校の先生」の仕事には、そういうところがあるのですね。

 

 

我が子の幼稚園の行事に行く。

すると、たくさんの掲示物が目に飛び込んできます。

一つ一つ作り上げるのに、どれほどの時間を要するでしょうか。

 

 

行事も同じです。

授業も同じです。

時間をかけてきたもの、入念に準備をしてきたものは、一目見ればわかります。

 

 

批判的な世の中です。

行事後の保護者アンケートには、心ないご意見をいただくこともあります。

それも甘んじて受け入れる必要があるのでしょう。

時に心が折れそうなこともあるでしょう。

 

 

でも、忘れないでください。

 

 

陽は当らぬかもしれません。

評価はされないかもしれません。

 

 

それでもやる。

やりたいからやる。

やらずにはおられないからやる。

 

 

そんな在り方が教室を変えるのだと思います。

 

 

先生は学級のリーダーであってはいけません。

精神的支柱としてどっしり構えながら、コーチボックスから子どもたちを見守る。

「もぐもぐタイム」になれば、子どもたちに声をかけ、心を支える。

子供や保護者の目の届かぬ場所で、黙々と準備を進める。

 

 

本橋麻里さんの在り方には、たくさんの学びがあると思うのです。

若い4人の選手がのびのびとカーリングに打ち込めたのは、本橋麻里さんのたゆまぬ努力があったから。

 

 

先生だけでなく、子どもと関わる大人の在り方として、心に留めておきたいと思います。

くればやし ひろあき

1978年8月12日生まれ 愛知県名古屋市出身 愛知県刈谷市在住 妻と3人の子ども(高2、中3、小4)の5人家族

2001年、大学卒業と同時に正規採用されて名古屋市立の中学校に勤務。愛知教育スポーツ振興財団による中学夜間学級にて講師、名古屋市教職員組合瑞穂支部青年部長、名古屋市教育委員会教育派遣員、全国教育研究集会正会員など、初任の教員としては異例のスピードで評価を高めていく。

2007年、当時市内で最も荒れた中学校を立て直すことに奔走。生徒指導主事、進路指導主事を歴任。
その成果が認められ、2012年文部科学省から派遣されて在外教育施設(日本人学校)に出向。当時生徒数が世界最大の日本人学校で生徒指導部長を務める。海外で様々な起業家にお会いし、起業の意思を固め2015年に帰国。
名古屋で唯一の小中一貫校である名古屋市立の中学校に着任。学年主任、進路指導主事を兼務する多忙な中、ブログとメールマガジンの執筆をスタートする。

2017年退職して独立。ママコミュニティーの運営やイベントの主催、全国にて子育て講座や講演活動を行う。

「9月1日は子どもたちが最も自ら命を絶つ日」ということを知り、子どもたちに命の大切さを啓蒙する映画上映会を企画。クラウドファンディングで100人の支援者から80万円を資金調達し、 愛知県内8会場で映画上映会を主催。のべ1000人を動員した。その成果が認められ、市民代表として刈谷市自殺対策推進委員を市より委嘱される。

2018年からは「児童虐待」にスポットを当て、「虐待してしまうママを責めるのではなく、そんなママに手を差し伸べることこそが、子どもの命を守ることにつながる」と考え、 『子育て万博 2018』(愛知県安城市)を主催。250人を動員。『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
2019年 『子育て万博 2019』(愛知県安城市)を主催。300人を動員。音楽CD『ありがとう』(岡谷柚奈さん)を製作・販売。

同じく2019年、全国でSTR入門講座を開催し、400人が受講。個人セッションとして 100家族以上を相談を行う。また、ご依頼いただき歯科クリニックのコンサルティング及び企業研修を行う。

2020年からは、STRのインストラクターとしての活動をスタートし、基礎講座・応用講座を開催。これまでに門下生55名を育成している。
株式会社ミナクル組織研究所として法人化。