クラスに暴言を吐く子がいます!

暴言を吐く子

もしもあなたのクラスに暴言を吐く子がいたら、

あなたはどんな対応を取るだろう?

 

 

今日はそんなお話。

 

 

昔、担任の先生に提出する「生活日記」に、

毎日暴言を書いてくる子がいた。

 

 

「死ね」と「バカ」しか書いてこない。

さあ、あなたはどうするだろう?

 

 

叱るのは簡単だ。

だけど、僕に日記を書いてきて僕が朱書きをするノートだ。

叱って書かせて、それに朱書きを入れて返すのって、なんだかバカバカしい。

 

 

ちょっと美学に反する。

 

 

そこで、僕は毎日クラス全員の生活日記に絵を添えることにした。

ブログやメルマガに描いてあるイラストはこうして生まれた。

 

 

暇を見つけては、音速でイラストを描き、そこに文章を添える。

全員だ!

やると決めたら、全員に書く!

 

 

そう!

それが僕の美学だ!

 

 

ところが、どうしても忙しい日というのがある。

生徒指導の案件が重なると、僕には空いた時間などなくなる。

 

 

 

すると、どうしても「手を抜く日」が出てくる。

ちなみに、「書かない」という選択肢はない。

 

 

「忙しいから書けませんでした」と言う先生がいる。

正直、クソだな、と思う。

そういう先公に限って、子どもに「ちゃんと書け」と指導する。

「毎日書きなさい」とか言う。

 

 

あの「自分のことを棚に上げられる能力」はすごい!

 

 

まあ、そんなわけで、忙しい日は「死ね」「バカ」と書いてくる彼ら(一人じゃないんかい!)のイラストは棒人間になる。

 

 

面白いのは、ここからだ。

彼らが文句を言うのだ。

 

 

「なんで俺らだけ、棒人間なんだ!」って。

僕は一言、こう問いかける。

 

 

「なぜだと思う?」

 

 

以来、彼らは「死ね」「バカ」と書いてくることはなくなったわけだ。

そんなわけで、僕の学級になると、嫌がらせのように朱書きで埋め尽くさせる。

 

 

毎日、相田みつを状態になる(笑)

 

 

暴言を吐くことが問題なのではない。

暴言を吐くに至る過程に問題があるのだ。

つまり、問題はこの子ではなく、この子を取り巻く環境に「何か」があると見ればいい。

 

 

そこにあるメッセージをプロならば読み解きたい。

暴言の裏には「かまって!」「僕を見て!」が隠れている。

 

 

だからこそ、叱っては解決しないのだ。

「叱ること」が教育だと思ってるバカにはわかんないだろうけど。

 

 

子どもとつながるってことはさ、その子の本当に伝えたいことを読み解くってことさ。

 

 

昔、都合が悪くなると過呼吸症候群を起こす子がいた。

養護教諭さんの見立てでは「自作自演」が濃厚だった。

 

 

じゃあ、「あなた、そういうことはやめなさい!」と言ったら、解決するだろうか?

…って話と変わらないわけだ。

 

 

では、最後に僕のクラスにそういう子がいたら、僕はどうするだろう?

 

 

「俺はお前の言葉は好きじゃない!」

とハッキリ言う。

 

 

注意ではなく、意思表示。

「その言葉は、この教室にふさわしいとは思わない!」

でもいいかな。

 

 

明確に自分の意思を伝える。

これは暴言を吐かれた子へのフォローにもなる。

 

 

「ルールだから」とか「道徳的に」とか、外の何かと結びつけるのは、大人の弱さだと思う。

そういう大人を子どもたちはすぐに見抜く。

 

 

「俺は好きじゃないけど、お前らはどうよ?」

こんなやり取りをするかな。

 

 

まあ、でも、これは僕の答えね。

こんなものに正解はないよ。

だから、子育てや教育は難しいよな。

 

 

もう6月。

学級にどんなグランドルールを作ってきたか、にもよるよな。

 

 

そこがいいかげんだったら、指導は入りにくいかもしれない。

 

 

僕は「いじめをゆるさない」が一番にあり、「自分がされて嫌なことを人にするな」が絶対的なルールだったから。

「それ破ったら、俺、むちゃくちゃやっちゃうよ」ってのは、子どもにも保護者にも明確に伝えていた。

 

 

そういう「本気」のやりとりがあっての、「俺は好きじゃないけど、お前らはどうよ?」なわけね。

 

 

「叱る」なんて選択は最後の最後。

「自分の負けです、力不足です」って認めたときの手段なわけ。

 

 

子どもとつながる魔法の質問

 どんな大人が好きでしたか?

 

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者500人超のワークショップ『子どもとつながる問いかけの魔法塾』を全国で開催。この夏クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。3児の父でもある。