「日本の教育はヤバい」って声がメンドクセー。

小学生の女の子とお母さん

日本の教育はダメだ〜という声をよく耳にする。

今、世の中的には「学校批判」をしておいた方が正解。

「学校ってダメですよね〜」

「こんな先生いたんですよ〜」

と発信しておいた方が見栄えがよろしいですなぁ。

 

 

でもね、僕思うんですよ。

その、世間的に叩かれやすい公教育ですね、社会的に成功している人も出ているわけでしてね。

ホリエモンこと堀江貴文さんとかキングコングの西野亮廣さんとかもね。

 

 

 

「だから、公教育が優れている!」なんて言うつもりはありませんよ。

たぶん彼らは公教育だろうが、なんだろうが、教育の質に関係なく、異端な才能を発揮する人間になったと思うんですよね。

 

 

で、思うんですよ。

英語の早期教育も。

「英語教えなきゃ〜、教えなきゃ〜」っていうけど、今、英語を話せる大人は、別に早期教育をされてきたわけじゃないじゃん?

全員帰国子女なの?

 

 

んなわけないじゃん。

 

 

問題は教育にあるのかね?と僕は思うわけです。

 

 

子どもの才能や可能性を潰す大人がいます。

子どものやる気を削ぐ大人がいます。

教育の中身ではなく、子どもと関わる大人の在り方の方が大事なわけです。

 

教育の質よりも、先生の人間力だべ♬と思うわけさ。

 

 

考えてもみてください。

日本の公教育が全面的にダメダメだったらさ〜、異端の才能をもった堀江さんや西野さんは絶対誕生していないはずなのです。

 

 

学校が「工場ちっく」であることは否定しませんよ。

でも、その子が輝けるかどうかは、教育だけの問題ではないのです。

 

 

僕ね、いじめを苦に自殺をする子のニュースを見るたびに思うのです。

そんな辛い学校に通い続けなければならなかった背景はなんなのかって。

 

 

「先生、あなたの子がいじめられて学校に行かなくなったら、あなたならどうするんですか?」

昔、上海で詰め寄られたことがあったなぁ。

 

 

いや、俺なら日本に帰るよ。

当たり前じゃん。

なんで、そんなことされてまで、こんな学校にいなきゃいけないの?

僕はそう思いました。

 

 

そのとき、ウチの子たち、二人揃って1・2学期で30日の欠席。

日本ならちゃんと不登校にカウントされる日数をお休みしておりました。

 

 

学校に辛い思いをしてまで行く必要ね〜じゃん、ってのは僕の中にずっとある思いなんですね。

人生って選べるじゃん。

選べばいいんだよ。

だから、我が家は休んでもOK。

 

 

僕はそれ、我が子たちにずっと伝えているんです。

学校なんてその程度のものです。

 

 

学校に行こうが、行くまいが、この子はこの子です。

生きてるだけで百点満点です。

そこにいるだけでラブです。

 

 

「学校」を批判することは簡単です。

でも、僕、そこまで子どものことを学校に依存してないんですよね。

教育に依存していないというか、過度の期待はしてないというか。

 

 

どっかで、「そんなもんっすよ」みたいな「あきらめ」というか「受け入れちゃう」というか、「開き直り」みたいなのがあってね。

 

 

我が子たちが通う学校だってさ、そりゃ、「先生、そのやり方はどうなの?」みたいなこと、ありますよ。

でも、いちゃもんみたいな電話をかけようとも思いません。

 

 

先生たちだって一生懸命やっている。

ちょっとズレとるな〜と思うこともありますが、子どもが喜んで行ってるなら、親の出番なんてないですよ。

 

 

 

「行きたくない」って言ったら「行かなくていいんじゃね?」って言うだけです。

大丈夫。

この子はきっと大丈夫。

信じるだけでいいのです。

 

 

つまり何が言いたいかというと、「日本の教育はヤバい」と過度に騒ぎ立てるのがメンドクセーなってことなわけです。

 

くればやし ひろあき

1978年8月12日生まれ 愛知県名古屋市出身 愛知県刈谷市在住 妻と3人の子ども(高2、中3、小4)の5人家族

2001年、大学卒業と同時に正規採用されて名古屋市立の中学校に勤務。愛知教育スポーツ振興財団による中学夜間学級にて講師、名古屋市教職員組合瑞穂支部青年部長、名古屋市教育委員会教育派遣員、全国教育研究集会正会員など、初任の教員としては異例のスピードで評価を高めていく。

2007年、当時市内で最も荒れた中学校を立て直すことに奔走。生徒指導主事、進路指導主事を歴任。
その成果が認められ、2012年文部科学省から派遣されて在外教育施設(日本人学校)に出向。当時生徒数が世界最大の日本人学校で生徒指導部長を務める。海外で様々な起業家にお会いし、起業の意思を固め2015年に帰国。
名古屋で唯一の小中一貫校である名古屋市立の中学校に着任。学年主任、進路指導主事を兼務する多忙な中、ブログとメールマガジンの執筆をスタートする。

2017年退職して独立。ママコミュニティーの運営やイベントの主催、全国にて子育て講座や講演活動を行う。

「9月1日は子どもたちが最も自ら命を絶つ日」ということを知り、子どもたちに命の大切さを啓蒙する映画上映会を企画。クラウドファンディングで100人の支援者から80万円を資金調達し、 愛知県内8会場で映画上映会を主催。のべ1000人を動員した。その成果が認められ、市民代表として刈谷市自殺対策推進委員を市より委嘱される。

2018年からは「児童虐待」にスポットを当て、「虐待してしまうママを責めるのではなく、そんなママに手を差し伸べることこそが、子どもの命を守ることにつながる」と考え、 『子育て万博 2018』(愛知県安城市)を主催。250人を動員。『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
2019年 『子育て万博 2019』(愛知県安城市)を主催。300人を動員。音楽CD『ありがとう』(岡谷柚奈さん)を製作・販売。

同じく2019年、全国でSTR入門講座を開催し、400人が受講。個人セッションとして 100家族以上を相談を行う。また、ご依頼いただき歯科クリニックのコンサルティング及び企業研修を行う。

2020年からは、STRのインストラクターとしての活動をスタートし、基礎講座・応用講座を開催。これまでに門下生55名を育成している。
株式会社ミナクル組織研究所として法人化。