サポートスタッフをやってみた気づき


マスター講座 サポートスタッフレポート


 
「これはミヒロさんからのギフトだな」
そう思って、すぐに参加表明いたしました。
 
 
今、たくさんのプロジェクトを動かしています。
矢継ぎ早にプロデュース業やコンサル業も決まりました。
気がつくと、「誰かのための仕事」ばかりが増えていきます。
 
 
心のグラスがカラッカラに乾ききって、「シャンパンタワー」の3段目、4段目ばかりに必死で注ごうとしていました。
 
 
 
そんな自分の状態に気がつけたのは、サポートスタッフに参加したからでした。
 


 
==============
 
 
今回、サポートスタッフとして参加した意図はズバリ、「ミヒロさんやスタッフが裏でどんな動きをしているかを知り、自分のプロジェクトに生かすこと」でした。
 
 
全力で「奪うエネルギー」です(笑)
 
 
でも、そういうことじゃなかった。
「やり方」ではなく「あり方」。
そういうことをたくさん学ばせていただきました。
 



僕の主な仕事は、蔵でかかる音楽の上げ下げです。
でも、機材や音源などなかなか音響を作るのが難しい環境にありました。


すると、「くれちゃん、大丈夫?」という心配のエネルギーが伝わってきます。
不安が増大し、ミヒロさんの邪魔になってないかな…ってずっと不安で、ずっと気が張っていました。


2日目からはリモコンではなく音響機材の前に陣取って直接ボリュームを調整。
機材の前では聴き取りにくい音量の微調整は、チームスタッフの皆さんの耳に頼りました。


「何もしないのも仕事だし、助けてほしいことは助けてって言うのも仕事だよ」
しゅうしゅうの温かい声に救われました。


一人でがんばらない!
助けてほしいときは、「助けてほしい」と言う。
言われてみれば当たり前ですが、それがなかなか難しいのです。


とは言え、「役立とう」よりも「邪魔にならないようにしよう」が強く出て、気を張り続けた3日間でした。



自分が整っていかない感覚。
場に入るのに時間がかかる感覚。
スタッフの皆さんといっしょにいると、少しずつ整っていく感覚。 


いろんな感覚を味わいました。


==============



「自分を整える」と言葉で言うのは簡単ですが、それってなかなか本当の意味で理解することは難しいことです。


なぜ「自分を整える」が大切なのか。
「自分を整える」ってどういうことか。


サポートスタッフに参加して、その意味を体感することができました。


『魔法の質問』らしい(?)独特の打ち合わせからスタートし、「好きで得意で無理なくできること」を生かして仕事をし、「目の前の人を幸せにするために何ができるだろう?」と問いかけて受講者さんと関わる。


今回得たものを持ち帰り、今後の活動に生かして参ります。
大切なことは「やり方」ではなく「あり方」でした。


ミヒロさん、貴重な機会をありがとうございました。


スタッフの皆様、サポートスタッフの皆様。
至らぬ点多々ありご迷惑をおかけいたしましたが、最後までお支えいただきありがとうございました。

 

魔法の質問認定講師の しゅうしゅうさんが撮影したお写真をお借りいたしました。しゅうしゅうさん、ありがとうございます!

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者500人超のワークショップ『子どもとつながる問いかけの魔法塾』を全国で開催。この夏クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。3児の父でもある。