世界は「ご縁」でできている!


人との「ご縁」。

これだけはお金では買えない。

 

 

たとえば、著名人の講演会にお金をかけて行ったとしても、それはただ「お客さん」であって「ご縁」ではない。

 

 

「ご縁」をつくること。

そして、「ご縁」を深めること。

これが人生を豊かにする。

 

 

今回一緒に旅をさせていただいて田中さん&林さんご夫妻。

このご縁も不思議だ。

 

 

僕のお金のメンターである谷口さんの会社が上海に上場したときのこと。

僕も式典にお供させていただいた。

 

 

その上場記念式典は合同で行われ、もう一方の会社が田中さんと林さんの会社だった。

夜の懇親会の会場をブッキングしたり、少しはお役に立てたかなと思う。

僕も少額ではあるけれど、出資させていただき、そこからご縁が生まれた。

 

 

その後、何度かご縁をいただき、「子育て万博2018inあいち」では、経済的にもお支えいただいた。

今度は、中国の幼稚園が日本に視察に来るのだけれど、その仕事のお手伝いもさせていただいている。

 

 

そんなわけで、今回の旅行。

本当に偶然、同じ飛行機のチケットを予約していた。

そして、ヒースロー空港で「いっしょにロンドン回らない?」と声をかけていただき、今回の旅が実現した。

 

 

人生ってホントに面白い。

 

 

ご縁を深める。

船越耕太くんとのご縁もまた面白い。

妻と二人で行った「まなゆい合宿」まで遡る。

もともとは、ひすいこたろうさんに会いたくて、僕らは伊豆までお金と時間をかけて行った。

そこで、小玉泰子さんや高島亮さん、瀧本光静先生、田宮陽子さんなどそうそうたる方々とご縁が生まれた。

 

 

そのご縁で紹介され、「百姓屋敷WARA」で行われた「生活体験合宿」に妻と長男くんが参加した。

 

 

その後、なぜか船越康弘さんの奥様から電話があり、「愛知での講演会を主催してほしい」とのことだった。

聞けば愛知県にはいつも主催をしてくれる方がいたらしい。

だが、その人と連絡がつかず、妻に電話がかかってきたのだ。

 

 

妻は二つ返事で「やる」と決めたのだけれど、僕は反対した。

月曜日の午後という時間指定。

高額な講演料。

集客期間1ヶ月。

 

 

どう考えてもリスキーだ。

しかも、退職したばかりのころ。

今のように毎月トークライブを開いていた頃ではない。

 

 

だが、妻が「どうしてもやりたい」と言う。

どう集客していいかわからないが、「どうしてもやりたい」と言う。

 

 

 

はっきり言って主催者なんて、リスクばかりでさっぱり儲からない。

ハイリスクローリターン極まりない仕事だ。

だから、僕は自分の講座を主宰してもらう際には、成果報酬という形にしている。

 

 

 

結果としては、この講演会は満員御礼になった。

そして、次に妻が持ってきたのは康弘さんの次男である船越耕太くんの「うどんの講座」と「重ね煮の講座」である。

 

 

はっきり言って、講師料は「おうっ…」って感じの値段である。

そして、妻には何の戦略もない。

ただ「やりたい」だけである。

 

 

そんなわけで、僕はまた戦力を練りに練って、赤字にならないようにデザインしていった。

 

 

ご縁を作る

岸本亜泉ちゃんとの「ご縁」もそんな感じだ。

上海で暮らしていたころ、妻が亜泉ちゃんにメールを送り、心書の上海進出が決まった。

 

 

まず、僕が務める日本人学校で先生向けに講座をしてもらった。

ついでに、僕の学級でも「心書講座」をしていただいた。

上海で暮らす日本人向けの講座を妻が企画した。

 

 

そんなわけで、ウチのご縁は妻が運んでくる。

狙って「仲良くしよう」としているわけではない。

 

 

たぶん、ご縁って狙って作るものではない。

自然と生まれ、気がつけば「そこにあるもの」だと思う。

 

 

まあ、妻が気軽にご縁を作ってくるのも、最終的に「形にしてしまう」僕が存在するからでもある。

まあ、そう考えると、二人で一つなんだろうな、と思う。

 

 

ミヒロさんの教え

まず、ご縁をつくる。

そしたら、ご縁を深める。

 

 

ミヒロさんがいつも言う。

ご縁は広げようとしても広がらない。

ご縁は深めるほど広がる。

これが「ご縁の法則」である。

 

 

だから、僕らはいつも目の前の人を幸せにすることだけを考えている。

目の前の人との「ご縁」を深めていけば、確実に広がっていくからだ。

 

 

だが、忘れないでほしい。

ご縁は作ってから、深めるものだということを。

 

 

魔法の質問

 あなたが会いたい人は何を望んでいるだろう?

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者600人超のワークショップ『子どもとつながるリレーションシップ講座』を全国で開催。

9月1日は統計上子どもの自殺が最も多い日であるということを知り、2016年クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年、刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。

2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースした。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。現在は3期目、カレッジ生は30名いる。

3児の父でもある。