その自己投資は、本当は浪費かもしれない。

笑う女性

学ぶことが好きな人は多い。

それを発信することが好きな人も多い。

だが、実践する人は少ない。

それはなぜだろう?

 

 

僕を大きく変えたのは、マツダミヒロさんのオンラインスクールであるビジネスマスター講座だった。

 

 

60分ほどの動画を12本。

ただ見るだけ。

たしか、6万円ぐらいだったと思う。

 

 

僕の中では神コンテンツだった。

目からウロコ。

 

 

それを見て、フェイスブックページを作った。

それを見て、ブログを作った。

それを見て、メールマガジンを作った。

それを見て、youtubeチャンネルを作った。

それを見て、商品を作った。

 

 

6万円なんて、とっくにモトを取っている。

僕にとって、この講座を受講したことは素晴らしい自己投資だった。

あの講座がなければ、今の僕は絶対にない!

 

 

さて、では講座を受講することは、本当に自己投資だろうか。

というのが、今日の話題である。

 

 

あのオンライン講座を受講しても、

フェイスブックページを作らなかった人がいるだろう。

ブログを作らなかった人がいるだろう。

メールマガジンを作らなかった人がいるだろう。

youtubeチャンネルを作らなかった人がいるだろう。

商品を作らなかった人がいるだろう。

 

 

そういう人たちも、きっとあの動画を見て、何かを感じたはずだ。

だが、結局行動しなかった。

そこに大きな差がある。

 

 

自己投資とは、講座に出て「いいこと学んだなぁ〜」という気分を味わい、学んだことをブログに書くことではない(笑)

それは浪費だ。

多くの人は「いいことを学んだ」で満足してしまう。

 

 

結局「学び」なんてものは、受け手の問題なわけだ。

学び手が「行動する人」ならば自己投資だし、学び手が「行動しない人」ならば思いっきり浪費なわけ。 

 

 

自己投資ってのは、それを行動に移すことでリターンにつながる。

オンライン講座だろうが、リアルな講座だろうがそこは同じ。

ちゃんと行動をして初めて「自己投資」は完結するのだ。

 

 

たとえば、僕はインターナショナルマネーフレンド協会の認定講師である。

お金の本質について学ぶ講座を開催している。

だが、それを受講しても、本当に「投資」を始めて「お金」を働かせる人はほとんどいない。

 

 

やっぱり「いいことを学んだなぁ〜。へぇ〜っ、そうなんだ〜」で終わりなのだ。

すると、人生は変わっていかない。

 

 

学んだことを発信したがる人は多い。

発信する前に実践である。

実践したうえで経験を発信できると、おもしろい投稿にもなるだろう。

 

 

 

人生は実験だと思っている。

勉強すると、「それって本当なの?」と実験したくなる。

 

 

僕は日々大量に学んでいる。

学んだことは、実際にやってみる。

本当に再現性があるのかを確かめている。

 

 

たとえばの話、お金の講座でお届けしていることは僕も実践している。

実践してみると、やはり再現性があることがわかる。

再現性がちゃんとあるから、自信をもって講座をお届けできるわけだ。

 

 

 

だから、行動しようよ。

世界は、行動する人間で創られているのだから。 

 

魔法の質問

まず、何から行動しますか?

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者500人超のワークショップ『子どもとつながる問いかけの魔法塾』を全国で開催。この夏クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。3児の父でもある。