お金の話をしてみよう♪

あなたにとってお金とは?

お金の話はお嫌いですか?

「お金」の話を書いたブログは、「いいね」が少ない。(笑)

なんでだろうなぁ〜って思う。

 

 

お金のことを話すのって、

ニッポンじゃどこかタブー視されている。

 

 

 

その点、中国人はオープンだ。

 

 

平気で、

「いくら給料もらってるの?」

「ここの家賃はいくら?」

と聞いてくる。

 

 

日本人としては、

そういうことは他人に教えるべきではない

という価値観があるから、躊躇する。

 

 

んで、

中国人は「何で教えてくれないの?」ってなる。

 

 

中国で暮らす「日本人あるある」だったりする。

 

 

 

そんなわけで、

ニッポンの人たちはお金の話にどこかアレルギーがある。

 

 

勝手に減給されていくの♡

そうそう。

 

海外で暮らしているとき、

僕の給料は外務省がアメリカドルで支払ってくれていた。

 

 

日本円で支払われた給料が一度、

アメリカドルに換金されて、

中国の銀行に振り込まれる。

 

 

それを僕らは現地で、

中国の人民元に換金して、

生活していた。

 

 

僕らが上海に渡った年は、

反日デモなんかが起こって大変だった。

 

 

でも、本当に大変だったのは

反日デモよりアベノミクス!

 

 

円高から円安に

一気に振れていく年だった。

 

 

80円ぐらいのレートが

見る見るうちに110円を超えた。

 

 

すると、

何が起きるか。

 

 

毎月、

銀行口座に振り込まれる金額が減るのだ。

 

 

毎月、

「なんて日だっ!」

って叫ぶのだ。

 

 

たとえばの話、

給料が30万円だとしたら、

1ドル80円なら3750ドル。

1ドル110円なら2727ドル。

 

 

月々2〜3万円ずつ減給されていく感じ。

ヤバくな〜い?⤴︎

 

 

通貨の価値は変わるのだ

日本国内で暮らしているとき、

通貨のレートなんて関係なかった。

 

 

でも、

海外で暮らして、

通貨の価値が変わっていくことを体感した。

 

 

これって、どういうことか。

 

 

つまりさ、

円の価値が下がれば下がるほど、

今もっているお金の価値も下がることになる。

 

 

 

たとえば銀行口座に100万円あったとしよう。

 

 

1ドル80円の時代の価値は、

ドルにすると12500ドル。

 

1ドル110円の時代の価値は、

ドルにすると9090ドル。

 

 

貯金額は変わってないけど、

価値は変わっていってるわけ。

 

 

「グローバル化だ、グローバル化だ」

って言われてる割には、

そのあたり無頓着だよねって思う。

 

 

インターネットで世界とつながって、

海外旅行だって当たり前になったのに、

経済だけは未だに鎖国状態の人が多いんだね。

 

 

貯金しとくと安全な感じがするじゃない?

いや、でもさ、視点をちょっと変えると、

それって減ってるわけね。

 

 

 

そんなわけで、

そのあたりからかな、

投資ってものに目を向けるようになったのは。

 

 

創造的な人生を生きるためのしつもん

あなたにとってお金?

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。