チャイムで始まり、チャイムで終わる。

どこでも学校になる

「学校の先生」という仕事を辞めたくせに、

未だ講座では時間ぴったりに終わる。

 

 

決められた時間ぴったりに終わる。

これ、けっこう驚かれる。

 

 

平気で時間を延長することはサービスではない。

決められた時間で終わるのがプロの仕事だと思う。

 

 

 

そんなわけで、

僕は未だに「チャイムで始まり、チャイムで終わる」を実践している。

 

 

やり方は簡単だ。

終了時間から逆算するだけで良い。

 

 

僕の講座のエンディングは約15分である。

だから、終了15分前にエンディングをスタートすればいい。

最後のコンテンツは約25分である。

だから、終了時刻から40分前に最後のコンテンツをスタートすればいいことになる。

 

 

そうやって逆算していけば延長することなどあり得ない。

あとは、参加者同士がシェアし合う時間を調整すれば講座はオンタイムで進む。

 

 

時間が余ればエピソードを足す。

時間が足りなければエピソードを減らす。

 

 

そうやって、終わりから逆算する。

 

 

 

テスト前に駆け足で授業を終える先生を見ると3流以下だな…って思う。

本来授業ってのは、子どもに理解させるためにあるんだよね?

それを消化試合のように駆け足で終わらせるわけ。

 

 

聞いていい?

それって誰のため?

 

 

子どものためじゃないよね?

お前のためだよね?

 

 

テストで習ってないところが出て苦情が来ないように、無理やり終わらせたんだよね?

…って僕は思う。

 

 

そんなわけで、僕はできるだけテスト週間(テスト1週間前)には、テスト範囲を終わらせていた。

テスト週間になると、学校は「勉強しましょうね」という空気を作る。

そういう空気を作っておきながら、テスト範囲まで終わってません…じゃ話にならなくね〜か?って思う。

 

 

そんなわけで、授業のスピードもテスト範囲も調整するし、逆算する。

子どもに「計画的にやりましょう」とか指導しているクセに、全然計画的にできてない先生を見ると悲しくなる。

 

 

「自分のことを棚に上げて指導できる能力」って素晴らしいよな。

そりゃ、子どもはアンタのこと、信頼しないよ。

当たり前じゃん?

 

 

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。