僕たちはどう働くか。


 

ロンドンを旅したときのこと。

ロンドンで働く人たちは、

残業なんてしないと聞いた。

 

 

17時で退勤!

グッバイ職場。

 

 

みんなでバーに繰り出して、

ビールで乾杯するらしい。

 

 

 

でもさ、思う。

仕事ってのはノルマがあるわけじゃん?

終わらなかったらどうするのさ?

 

 

答えは明快だった!

 

 

「明日やる!」

 

以上!

グッバイ職場!

 

 

えーーっ!

お客様が困るじゃん!

怒るじゃん!

 

 

 

そうやって尋ねたら、

ロンドンで暮らす彼は答えた。

    

 

「いや、怒らないよ…」

 

 

なんで?

仕事、終わってないんでしょ?

 

 

「ううん、終わってる…。

だって仕事、17時までだもん」 

 

 

ガーーーン!

仕事は17時まで。

 

 

 

「終わらなかったら明日やる。

お客様も怒らない!

だって仕事は17時までだから」

 

 

ビバイギリス文化!

グッバイ職場!

 

 

そんな話をしていたら、

けっこうそういう国って

あるみたい。

 

 

午前中に約束したら、

午後にやってくる。

 

 

「その日に来ただけ、マシな方」

みたいな感じ。

 

 

 

仕事の依頼をしておいたのに来なくて。

「何していたのさ?」と尋ねたら、「いい波が俺を呼んでた」って。

彼はサーファーだった、みたいな。

 

 

 

ライフスタイル優先。

仕事は二の次、三の次。

そんな文化の国がけっこうあるわけさ。

 

 

一方、日本はどうよ?

働き方改革って言うけど、

どうなの?

 

 

 

昔、いきなり校長先生が「来月、ノー残業デーがあります」なんて言い出して、ずいぶん反発したよな。

 

 

仕事量減らさず、勤務時間だけ削ってどーすんだ?って。

みんな、暇だから残ってるんじゃないよな?

 

 

 

やること山積みだから、残って働いてるんだろ?

それを考えず、早く帰れ!ってお前らの脳みそ何でできてんだ?

 

 

 

…って、周りの先生が悪態をついているのを、私は内心ヒヤヒヤしながら聞いていました。

 

 

ビバ教育委員会!

ビバ校長!

 

 

「終わらなかったらまた明日」って文化はいいよな。

でも、それやると終業式までに通知表ができないアホ教員や、受験の出願までに調査書できてないうんこ教員もいそうだな。

指導要録書かずに転勤するヤツとかな。

 

  

 

ただ、学年主任で進路指導主事で学級担任で研究主任で図書主任で国語主任。

「学年分掌=オレ」みたいな働き方でも、絶対に17時台に帰る男もいたからねぇ。

帰ったら、毎日ブログとメルマガを書き、年間100冊以上本を読み、セミナーにも行きまくった男がいるからねぇ。

 

 

仕事の処理の仕方はあると思うよ(笑)

 

 

そんな僕は今、目覚めてから寝るまで勤務時間だけどね。

「職業=オレ」だから。

 

  

 

いろんな働き方が選べるよな。

何を選んでもいいけどさ。

だれかが何かをしてくれるのを期待するのはやめた方がいいよ。

 

 

働き方を変えたきゃ、まず自分で動くことさ。

選べるんだから、選ぼうよ。

僕はそう思うよ。

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者600人超のワークショップ『子どもとつながるリレーションシップ講座』を全国で開催。

9月1日は統計上子どもの自殺が最も多い日であるということを知り、2016年クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年、刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。

2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースした。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。現在は3期目、カレッジ生は30名いる。

3児の父でもある。