部活動って、そんなに悪者?

部活動を応援する女子中学生

今、いろんな働き方が取り上げられてきている。

教育界に目を移せば、「ブラック部活動」なる言葉をよく目にする。

 

 

サッカー部の指導がしたくて先生になったような僕は、そもそも「部活ありき」で教員を志したから、ちょっと違和感があったりする。

 

 

まあ、それも時代の流れなんだなぁ…と思う。

 

 

先日、ネットサーフィン(死語)をしていたら、こんな記事を見つけた。

ある先生が「私は部活動の指導をしません」と宣言したらしい。

そんなものがニュースになるのかと驚いた。

まあ、これからはこういう先生がどんどん増えていくんだろうな、と思う。

 

 

忘れていけないのは、それでも部活動はなくならないということである。

じゃあ、その先生が「部活動をやらない」と宣言した皺寄せはどこに行くのだろう?

 

 

それは、「がんばり屋の先生」のところである。

 

 

僕がず〜〜っと「学校の先生」という仕事で嫌だったのは、仕事の軽重がありすぎるところである。

働かない先生はどんどん仕事が少なくなり、働く先生の仕事はどんどん増えていく。

それでいて、給料は完全年功序列制。

 

 

どう考えても「がんばらない方が得」に見えてくる。

それでも「がんばる先生」がいる。

だから、学校は回っていくわけだ。

そして、そういう先生から潰れていく。

 

 

 

さて、部活動の話に戻そう。

 

 

そう、あれは初任から数えて6年目だったと思う。

僕の公務分掌のひとつが「部活動」だった。

 

 

僕が赴任した学校は吹奏楽部がとても有名な学校だった。

全国大会常連!

そのため、なんと次の顧問の成り手が見つからず、顧問の先生と交代でやってきたのは、「合唱」が専門の先生だった。

 

 

「あの学校に赴任して吹奏楽部の顧問になったら大変だぞ」

そんな噂が出回っていたらしい。

 

 

こうして、吹奏楽部の顧問を失った学校で、次の顧問の白羽の矢が当たったのは教務主任の先生だった。

 

 

 

全国に連れていってもらえると思って入部させた保護者は憤り、けっこうな回数の保護者会がもたれた。

(入部の段階で、全国に行けば公立高校の推薦がもらえるみたいな話をしていたらしい…)

 

 

それはまあ大変な1年だった。

で、その翌年である。

なんと教務主任が退職!

 

 

ついに、臨時の顧問の先生すらいなくなってしまったのだ。

そして、保護者が僕のところにやってきた。

 

 

「あの〜、くればやし先生。最後の一年だけ、吹奏楽部の顧問をやってもらえませんか?」

 

 

新入部員を取らなかった吹奏楽部は、残すところ数名の中学3年生だけだった。

 

 

マジか⁉︎

僕はすでにサッカー部の顧問だ。

だが、罰の悪いことに、吹奏楽部の部長さんは、送り出したばかりの卒業生の妹だった。

 

 

 

仕方なく、僕は吹奏楽部とサッカー部を掛け持ちすることになった。

すると…、もうひとつ、廃部にする予定だった野外活動部なる部活動の保護者が「くればやし先生、野外活動部もお願いできませんか?」となったのである。

 

 

こうして僕は、3部を掛け持ちで顧問になった。

 

 

いい人すぎる!

 

 

困ってる保護者の要望を断れますか?

僕は断れね〜ぞ!

 

 

そんなわけで、放課後は校舎3階の音楽室をのぞき、中庭で野外活動部をチラ見し、運動場でサッカー部に指示を出した。

まあ、そんな指導でサッカー部が県大会まで行くものだから、「俺(顧問)、いらね〜じゃん!」って思ったけどね。

 

 

働き方改革だのなんだの言うけれど、上手に働き方を改革しちゃう人間がいる一方で、不器用で真面目な先生はがんばりすぎちゃうんだろうな…なんて思ったりする。

 

 

僕なんかは、ずいぶん部活動の保護者の皆様には助けてもらったなぁという意識がある。

保護者のお願いに応えるからこそ、こっちの無理がきく部分もあったと思う。

 

 

こんなことを言うのは時代じゃないかもしれないけどさ。

「がんばる先生」が仕事を被っちゃうようなことはないようにしてほしいよねって思う。

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者500人超のワークショップ『子どもとつながる問いかけの魔法塾』を全国で開催。この夏クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。3児の父でもある。