ハッピーな家庭を作ろう!

幸せな家族の写真

 

工作が大好きな子ども(小1と年少の男の子)のお陰で夏休みはいつも以上にゴミ屋敷。母と子の、お片付け戦争です(笑)
我が家のリビング(1階)は工作部屋(私が設定)?
作品は、子どもたちが子ども部屋に運んだり、断捨離。
子ども部屋(2階)は、使ってないおもちゃ、小1の荷物置き場、家族の寝室として利用。
くれちゃん家はリビングと他の部屋をどのように使ってますか?
あっお悩みではなくワクワク質問です?

僕ね、家族って「つながり」の最小単位だと思っててね。

「いっしょの時間」を大切にしているの。

 

 

まあ、いっしょに何かをしてなくても、同じ空気の中にいる感じかな。

勉強してる子もいて、本読んでる子もいて、家事している妻もいて、パソコンをカチャカチャしている僕もいて。

 

 

別々のことをしていてもいいんだけど、同じ空間を共有している感じね。

 

 

だから、我が家には引き戸の扉しかない。

家中の扉は全部開いていて、一つの空間にしている。

まあ、ある意味、プライバシー的なものはないよね。

 

 

寝るのも、全員いっしょ。

ただし、僕はよく酔いつぶれて居間で寝てるし…。

子どもも、好きなところで寝てる感じ。

 

 

好きな場所で好きなことをして、好きな場所で寝る。

自由だけど、いっしょの空間にいる。

そんな感じね。

 

 

我が家はよくボードゲームをする。

それだって、やりたければやればいいし、やりたくなければやらなくてもいい。

何も強制されない。

 

 

宿題も強制されない。

あなたはあなた。

私は私。

 

 

なんつ〜のかな。

子供部屋的な個室はないんだよね。

そういう空間の仕切りは必要ないと思っていてね。

 

 

でも、精神的な仕切りはちゃんとある感じ。

それぞれが独立している。

家庭の中にも、ちゃんと「みんな違ってみんないい」が存在している感じ。

 

 

こういうの、僕は大事だと思っているの。

 

 

互いに依存の関係にならない。

で、それができるのが本当の信頼だよね。

子どもを子ども扱いしない。

一人の人間として尊重する。

この感覚、大切にしたいなぁ。 

 

 

だからね、1階はトークライブやったりワークショップをやったりするリビングがある。

マックス30人ぐらいは入れるかな。

 

 

んで、2階の洋室は、書籍やら楽器やらおもちゃやらが散乱している。

エアコンがある部屋なので、夏場は片付けて、そこで講座をやる。

あと、寝室になる小さな和室がある。

 

 

何をする部屋ってのはないなぁ。

誰の部屋っていう括りもないなぁ。

 

 

すべて自由だよね。

ただ、そこには空間があるだけ。

 

 

使い方を決める必要性を感じないかな。

 

 

あなたに贈る魔法の質問

 どんな家庭が理想ですか?

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者600人超のワークショップ『子どもとつながるリレーションシップ講座』を全国で開催。

9月1日は統計上子どもの自殺が最も多い日であるということを知り、2016年クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年、刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。

2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースした。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。現在は3期目、カレッジ生は30名いる。

3児の父でもある。