「正しさ」の先に「答え」はなかった。

母乳で育児

赤ちゃんが生まれました。

保健師さんから言われたんですね。

 

 

「ミルクは50cc与えてください」

 

 

それで、お母さん、50ccだけ与えます。

赤ちゃんはもっと飲みたそうにしています。

それで泣くんですね。

 

 

もっと飲みたくて泣くのです。

でも、お母さんは「50cc」と言われたから、我慢するんです。

言われた通りにやっているのに、赤ちゃんは泣きやまないのです。

 

 

「正しい」ことをしているはずなのに!

それで、育児ノイローゼになりそうになる。

そんなことが起こっているのです。

 

 

僕の周りには、たくさんのお母さんがいます。

みんな、「正解」を求めて「ネット検索」しまくったそうです。

 

 

どうしたらいいの?

何が正解なの?

 

 

とにかく不安でいっぱいです。

 

 

次男坊が赤ちゃんのころ、ウチの妻は、よくおっぱい丸出しで寝ていました。

こんなことを書いたら、妻に叱られますがね。

 

 

赤ん坊の次男坊におっぱいをあげたまま眠ってしまう。

そんなことがよくありました。

 

 

もうね、飲み放題です。

どんどん大きくなりました。

そんなもんです。

 

 

でね、じゃあ保健師さんの言ったことは間違ってたの?って話をしたいと思います。

僕はそうは思いません。

 

 

基本的に、一般論をお伝えしていると思うのです。

基準のようなものです。

「一般的にはこんなもんだよ」を伝えているに過ぎません。

 

 

「オムツがどうの」

「おっぱいがどうの」

全部、伝えるべきことを伝えているだけです。

 

 

それは「答え」ではありません。

でも、不安だから「伝えられたこと」がすべてだと思ってしまう。

「正解」だと教わったのに、解答欄に書いたら×を書かれる。

それで混乱してしまうわけです。

 

 

考えるのではなく、感じる。

そういうことが必要だと思うのです。

 

 

赤ちゃんがもっと欲しそうにしていたら、もっとあげればいいではないですか。

与え過ぎたら吐くだけだもん。

 

 

子育て講座に出るでしょ。

そこで、講師の「正しさ」を伝えられる。

そして、モヤモヤする。

 

 

育児書を読む。

「叱らない子育て」って本と「叱る子育て」って本がある。

ある人は「褒めない方がいい」と言い、ある人は「褒めた方がいい」と言う。

 

 

みんな、自分の「正しさ」を発表しているに過ぎない。

そんなものに振り回される必要ないよ。

 

 

僕は、思春期の子どもたちをもう3000人以上も会ってきた。

叱ろうが叱るまいが、みんな大人になるし、褒めようが褒めまいが、みんな大人になる。

 

 

児童精神科医の佐々木正美先生は

「子どもがしてほしいことをしてあげるだけでいいんだよ」

とおっしゃる。

 

 

僕はその言葉が大好きです。

 

 

子どもがしてほしいこと。

それは子どもによって違います。

おっぱいをいっぱい飲みたい子もいれば、あんまり飲みたくない子もいるんです。

 

 

保健師さんが言った言葉は、あくまでも目安。

大切なことは感じること。

 

 

お母さんは偉大だよ。

感覚を信じていい。

大切なことはね、求められていることを求められている分だけ届ける。

そういうことだと思うのです。

 

 

子どもとつながる魔法の質問

 何を求めていますか?

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者600人超のワークショップ『子どもとつながるリレーションシップ講座』を全国で開催。

9月1日は統計上子どもの自殺が最も多い日であるということを知り、2016年クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年、刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。

2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースした。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。現在は3期目、カレッジ生は30名いる。

3児の父でもある。