誰かが何かをしてくれ「ない」と嘆く前に

子どもに失敗をさせよう

あなたの車には、カーナビが付いていますか?

カーナビがまだこの世に存在しない時代。

カーナビが「ある、ない」という概念が僕らにはありませんでした。

 

 

スマホはどうでしょう?

スマホを持っていない人は、今やほとんどいない時代です。

スマホが存在しなかった時代、スマホが「ある、ない」という概念は僕らにはありませんでした。

 

 

つまり、「ない」を創造するためには「ある」が必要なのです。

 

 

別の視点から話をしましょう。

カバンの中に「スマホ」を入れてください。

これが「ある」状態です。

カバンの中にスマホが「ある」状態です。

 

 

では、カバンの中から「スマホ」を出してみましょう。

これが「ない」状態です。

 

 

 

では、近くの人にそのカバンを見せてください。

何も言わずに見せてください。

 

 

「あっ!スマホがないね」と気づいた人はいますか?

いませんよね?

 

 

これが今日のポイントです。

「ある」を知らない人は「ない」に気づきません。

 

 

事実と主観という話があります。

事実とは、誰が見ても「そうだ」といえる状態です。

一方、主観とは「あなたが創り出した世界」です。

別名、「妄想」と言います。

 

 

 

この場合、事実とは「空っぽのカバン」です。

主観とは「スマホのないカバン」です。

 

つまり、「ない」は事実ではなく、僕らが頭の中で作り出していることなのです。 

「ない」はこの世界に存在しないのです。

 

 

「ない」は僕らが生み出している「妄想」

 

もう♡そうなの? 

 

 

 

もう♡そうなの?

 

 

 

妄想なだけに、もう♡そうなの?

なんで笑って「ない」の?

 

 

おっと、あなたの顔も見ていないのに、私は「妄想」をしてしまいました。

勝手に妄想してしまいました。

 

 

愛してくれ「ない」。

わかってくれ「ない」。

共感してもらえ「ない」。

 

 

いろんな「ない」がありますね。

妄想族の皆さんは、やたらに「ある」を生み出し、付随して「ない」を感じます。

 

 

そうして、いつでもモヤモヤ、イライラしているのです。

 

 

一方、大切なものはいつだって失った初めて気がつきます。

失って初めて、何が本当に大切だったかがわかるのです。

 

 

大切な人は失って初めて気づく。

健康も失って初めてその大切さに気づく。

「ない」を感じ切って、初めて「ある」がわかるのです。

 

 

ない、ない、ない。

ないものねだりの妄想族のあなたへ。

 

 

あなたはすでにすべてを持っている

今あるものに目を向ける。

それだけで、人は十分に満たされるのです。

 

 

それに目を向けなければ、今「ある」ものすら失います。

そして、「ある」に気がつくのは、失ったときでは遅いのです。

 

 

あなたに贈る魔法の質問

 本当に大切にしたいことは何ですか?

 

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者600人超のワークショップ『子どもとつながるリレーションシップ講座』を全国で開催。

9月1日は統計上子どもの自殺が最も多い日であるということを知り、2016年クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年、刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。

2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースした。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。現在は3期目、カレッジ生は30名いる。

3児の父でもある。