一人じゃないけど孤独です。


ここ数年で僕らを取り巻く世界は大きく変わりました。

 

 

携帯電話の普及は、僕らをいつでも他者とつないでくれます。

携帯電話のなかった時代、「約束の時間」を守らねばならなかった。

遅れるわけにはいきませんし、ドタキャンだってできません。

 

 

最近は割とアバウトに約束できますよね。

急な予定変更もお手のもの。

約束をコントロールできる時代になりました。

 

 

お買い物だって、インターネットで注文すれば、すぐに必要なものが手に入ります。

お店だって、検索すればすぐに見つかります。

 

 

僕らは今、何もかもコントロールできる時代になりました。

とても便利な時代になったのです。

 

 

そう、「昭和の僕ら」から「現代の僕ら」を眺めると、気分は神様です。

いつだって誰とでも連絡ができ、必要なものは届けてもらえる。

どこに何だあるのかも自由自在に検索できる。

なんなら、仲間の動向すら確認できる。

 

 

もちろん、どこにいても、誰もが全世界に発信できる。

何もかもが自由自在です。

すべてをコントロールできるのです。

 

 

こうして、「便利さ」を手にいれた僕らは、同時に「不便さ」も手に入れました。

スマホを忘れただけで、急に原始時代に迷い込んだ現代人のように不安な気持ちになります。

 

 

「便利」が生まれると「不便」が生まれる。

そんなところもあるわけです。

 

 

さて、なんだってコントロールできる僕ら。

ところが、唯一コントロールできないものがありました。

それが「他人」です。

 

 

人間だけはコントロールできないのです。

 

 

 

だから、コントロールできないものを遠ざけてきました。

昔はみのもんたさんが一生懸命悩みに答えていた「嫁姑問題」。(笑)

 

 

核家族化に二世帯住宅。

関わる距離を遠ざけたことで、衝突は少なくなりました。

 

 

夫婦でありながら、対話ができなくなったり。

親子の会話が乏しく、孤食なんて現象も生まれました。

「引きこもり」などは、その典型かもしれません。

 

 

子どもたちは悩んだとき、目の前にいる人ではない「誰か」を頼ります。

リアルな人間ではなく、LINEの向こう側にいる「誰か」です。

 

 

もちろん、スマホの向こう側にはいるのは「人間」です。

でも、向こう側にいるのがA.I.でも構わないわけです。

そして、その「誰か」が気に入らなければ、一方的に打ち切ればいい。

 

 

その方が煩わしくなくていい。

人間関係はすべて、煩わしい存在です。

だって、コントロールできないんだもの。

 

 

学校現場もそうでした。

サーバーに情報やノウハウが蓄積されるようになると、教員同士の情報共有は少なくなりました。

 

 

「やり方」だけが伝承され、そこに込められたマインドは伝わっていかない。

そんなことが多くありました。

 

 

 

さて、僕らはコントロールできるものを増やし、コントロールできないものを遠ざけてきました。

その結果、僕らは孤独になりました。

 

 

人間は社会的な存在です。

他者と関わり合うことで、自己有用感は高まります。

本来、誰かに喜ばれることが人間としての喜びなのです。

これは、他の動物には見られない感情です。

 

 

ひと昔前、僕らの生活はコントロールできないものに囲まれていました。

天変地異に病。

 

あれもこれもコントロールできなかった。

コントロールできないことが当たり前でした。

この世界は不自由なもので、だからこそ関わり合うことで生きてきました。 

 

 

「つながり」が希薄になった現代社会。

人間らしくない事件が増えました。

人間社会が獣化している。

そんな感じすらするのです。

 

 

僕らは一人じゃない、でも孤独です。

もっと「つながり」を育みたい。

それが人間らしい在り方だから。

 

 

あなたに贈る魔法の質問

 どんなつながりを育みますか?

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者600人超のワークショップ『子どもとつながるリレーションシップ講座』を全国で開催。

9月1日は統計上子どもの自殺が最も多い日であるということを知り、2016年クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年、刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。

2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースした。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。現在は3期目、カレッジ生は30名いる。

3児の父でもある。