「好きを仕事に」と言うけれど「何が好きか」がわからないあなたへ


僕は昔、服装に無頓着な男でした。

「学校の先生あるある」なのですが、ジャージばかりに気を使って私服はダサい…みたいな感じだったのです。

 

 

新婚当初、バイク通勤でした。

赤いパンツに黄色いジャケット、青いリュックを背負った僕に妻は言いました。

 

「信号機みたい」

 

が〜ん。

そう、ファッションセンスはゼロ。

服なんてユニクロで十分!と思っていました。

 

 

実は、僕の母親は買い物が大好きなんです。

子どもの頃から、「服を選ぶ」という経験がありませんでした。

 

 

今、母の興味は孫に移っているため、孫の服が大量に届きます。

僕ら夫婦は、子どもの服を買ったことがありません。

 

 

買うのが趣味なんですね。

だから、ありがたく頂戴しております。

 

 

そんなわけで、僕はずっと与えられたものを着て育ってきました。

妻と結婚して、ようやく服屋さんに行くようになったのです。

試着をするとか、好きな服を選ぶとか、そういう経験を始めてしました。

 

 

いろんなお店に行く。

いろんなブランドの服を見る。

ファッション誌に目を通す。

すると、だんだん自分の目が養われていきます。

 

 

最初は選ぶことができませんでした。

「どれが自分の好みなのか」すらわからないのです。

 

 

妻と買い物に行く。

妻が「この服どう?」って勧めてくる。

「似合うよ」って褒めてくれる。

 

 

「あ〜、じゃあ、それでいいよ」

 

そんな感じ。

だって、よくわかんないんだもん!

思考停止状態です。

 

 

「それいい!」ではなく

  「それいい!」。 

 

 

無責任な感じです。

「自分」がそこにないのですな。

与えられたものに囲まれると、人間は成長することをやめてしまいます。

 

 

 

僕はブーツが大好きです。

靴だけはこだわりがあります。

たぶん、靴だけは足を合わせるために、買ってきてもらうということができなかったからでしょう。

 

 

自分で靴屋さんに行って実物を見てきました。

履いてサイズ感や履き心地を確かめてきました。

 

 

だから、何が好きか、何が気持ちいいか、がわかるのです。

自分で選んできたから、目が培われ、感性が育ってきたのですね。

 

 

これ、生きるうえで、とても大切なことなんです。

親が全部を与えたら、ロボットみたいな子どもになります。

選択させることです。

見て、感じて、聞いて、味わって、確かめて、選ぶ!

これですよ、これ。

 

 

選択してきた経験が、

 自分の好きを作ります。

 

 

最近、やりたいことが見つからないという大人が増えています。

「好きを仕事に」とか言うけれど、そもそも何が好きなのかがわからないのです。

 

 

これでは、人生を楽しんでいるとは言えません。

生かされているだけの人生です。

 

 

 

大人も子どもも選択しましょう!

自分で自分の感情と行動を選びましょう!

それが人生を創造することだと、僕は思っています。

 

 

あなたに贈る魔法の質問

 今日は何を選びますか?

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。