子供の言葉遣いを直したいなら、子供の言葉遣いを注意するな!

子どもの言葉遣いが悪い

「バカ」「アホ」「死ね」って汚い言葉を使う子がいるでしょ?

ついついお友達にキツい言葉をぶつけてしまう子がいるでしょ?

 

 

言葉遣いが汚い子供っているよね。

でもね、間違えないで。

 

 

言葉が乱れているからが乱れるんじゃないの。

が乱れてるから、言葉が乱れるの。

 

 

心が整っていないだな。

心が荒れてるだな。

だから、ついつい汚い言葉を使ってしまう。

 

 

それで大人は子供の言葉遣いばかり注意する。

 

 

「そんな言葉を使ってはいけません!」って叱るでしょ?

「みんなで子どもたちにきれいな言葉を使わせましょう」って一生懸命になるでしょ?

 

 

でも、忘れないで。

心が先で、言葉が後

この順番が大事なの。

 

 

 

 

そもそも変えられるのは自分だけ

叱ったって変わらないの。

そのうえ、ウザい先生、ウザい大人に注意されてもウザいだけさ。

 

 

ズレてんだな、それ。

 

 

まず人間関係さ。

子供の言葉遣いを整えるなら、まずは人間関係さ。

 

 

 

それがすべてと言っていい。

心を整えるってのは、同時に人間関係も育まれるんだな。

人は「つながり」の中で生きてるから。

 

 

まず受け止めて、ただ愛する

そうやって「つながり」を育むと、言葉なんて変わってくる。

 

 

教室を安心安全な場所にする、って何度か書いてる。

そういう場所だと、他人に傷つけられない。

 

 

他人に傷つけられないから、他人を傷つける必要もないわけ。

だから、言葉が変わる

 

 

この順序を間違えてる大人は多い。

 

 

「服装の乱れは心の乱れ」なんて言うでしょ。

でもさ、服装を整えても心は整わないの。

心が整うと、服装も整うの。

服装を直しても、心は整わないよ

 

 

教育では、すべて心が先

つながりが先

 

 

手法や技術に走ってさ、うまくいかないのはそういうことなのだ。

 

 

子どもとつながる問いかけの魔法

子どものとの関係性を整えることがすべての礎。

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。