「コドモシンパイ症候群」のあなたへ

岩室智子

12月8日(土)に名古屋にて岩室智子さんとのコラボ講座を開催しました。

リリースより3日で満員御礼。

これまで3会場で、のべ200人を動員してきた人気コラボ講座です。


 

さてさて、セミナー内容は割愛させていただきます。

内容はブログでお伝えしていることですし(笑)

 

 

そんなことよりね、心にスマッシュヒットしていることがあるのでお伝えしたいのです。

 

お昼の時間のこと、あるお母さんとお話していたんですね。

まだ5歳だったかな。

発達に凸凹があるかも…と言われているんだそうです。

 

 

それでね、お部屋の片付けができない。

折り紙をハサミで切って、部屋中に散乱しているんだそう。

それでね、寝る前に二人でお片づけするんだそうな。

 

 

「大丈夫でしょうか?」

 

そうお尋ねになるんですね。

だから、アタクシ、お伝えしたのね。

 

「あなた、大人になってからハサミで紙切ってそのまま帰っちゃう人に会ったことある?」

 

「ないです…」

 

「高校生のとき、ハサミで紙切ってそのまま帰っちゃう同級生に会ったことある?」

 

「ないです…」

 

「中学生のときはどうよ?」

 

「ないです…」

 

「そういうことよ。いないの、そんな子」

 

 

みんな、まだ起こっていないことを心配しているのね。

だいたい5歳児なんて、紙をハサミで切ってばらまいて、次に興味のある遊びに片付けもせず向かっちゃうものよ。

いいじゃない?

子どもは子どもらしいのが一番よね。

 

 

だって、考えてもみなさいよ。

あなたね、いい?

5歳児が紙を切って遊んでよ、それちゃんとゴミ箱に片付けてハサミをしまい、それから次の遊びに行き、終わったらまた片付けて…。

 

 

そんなガキ、

 あたしゃ、

  気持ち悪いねぇ!

 

 

子どもは子どもらしいのが一番。

教育だ!しつけだ!と言って、

 あんまり補正かけちゃダメよ。

 

 

発達に凸凹があるかどうかはわかんないけどさ。

それも含めて丸ごと受け止めるだけでいい。

そして、信じるだけでいいのよ。

 

 

アタシ、そう思うわ。

 

 

 

そうこうしてたら、懇親会でのこと。

あるお母さんとお話してたの。

 

 

息子さんが転職を繰り返すんだそう。

それで自信を失くしてるんじゃないか…って心配なの。

 

 

それでアタシ、尋ねたのよ。

息子さん、「自信がない」って言ってるの?って。

答えはシンプルね。

 

「言ってないです…」

 

 

 

言ってないんかい!!

 

 

そりゃそうよ。

自信がなかったら、仕事なんて見つからないわよ。

見つけてくる企業がことごとくブラックだったそう。

働きすぎでお母さんは心配してたんだって。

 

 

就職したらしたで心配。

辞めたら辞めたで心配。

母心って忙しいわよね。

 

 

「それで、今は?」って尋ねたの。

今は郵便局にお勤めだからブラックでもなく、結婚もされているんだそう。

 

 

「ねえ、息子さん、おいくつなの?」

 

「今年で30歳です」

 

 

何よ、もう!

なんなのよ!

 

 

もう、いいじゃない?

もういいの。

 

 

完全に大人ですよ!

 

 

ほっときなさい。

わかるわ。

心配なのわ、わかる。

 

 

お腹を痛めて産んだ子ですもの。

心配なのはわかる。

 

 

でも、いいの。

もう、いいの。

 

 

お母さんはお母さんの幸せを生きましょうよ。

お母さんが幸せに生きること。

それが子どもの幸せなの。

 

 

つまり、アタシが言いたいのはこういうことよ。

 

 

人の心配してるヒマがあったら、

自分の心配しなさいよ!ってことね。

 

 

お母さんはみんな、

子どものことが心配。

もう「コドモシンパイ症候群」よ。

「症候群」と書いて「シンドローム」と読んでね。

 

 

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者600人超のワークショップ『子どもとつながるリレーションシップ講座』を全国で開催。

9月1日は統計上子どもの自殺が最も多い日であるということを知り、2016年クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年、刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。

2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースした。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。現在は3期目、カレッジ生は30名いる。

3児の父でもある。