家族の好みがバラバラでお困りのあなたへ


家族で映画を観てきました。

お正月、それも元旦。

この日訪れた映画館は、複数のシアターからなるシネマコンプレックスです。

 

 

妻がもうすぐ終了となる『ボヘミアン・ラプソディー』を観たいというのです。

すると、中2の長男は「僕は『ファンタスティック・ビースト』が観たい』と言います。

 

 

今度は、小1の次男くん。

「僕は『シュガー・ラッシュ オンライン』が観たい」と言うのです。

もう、みんなバラバラですね。

 

 

さらに、小6の長女が続けます。

「じゃあ、◯◯(次男くんの名前)は一人じゃ観れないから『シュガー・ラッシュ』にする」

彼女の頭の中には「家族で観る」という視点はないようです。

 

 

 

「それで、お父さんは?」と尋ねられます。

僕はこう答えます。

 

「ん〜〜っ…、じゃあ、一緒に行こうかな」

「何を観るの?」

「んとね、お母さんに付き合うわ」

 

 

こうして、お正月は家族で映画館に行くことに決まりました。

ただし、観る映画は別々です。

これ、ポイントです。

 

 

「家族で映画館に行く」のですが、「それぞれが好きな映画を観る」なのですね。

 

 

僕と妻は『ボヘミアン・ラプソディー』。

長男は『ファンタスティック・ビースト』。

長女と次男は『シュガー・ラッシュ オンライン』。

 

 

同じような時間に始まり、同じような時間に終わるプログラムがありました。

一番最初に始まる映画が僕ら二人でしたので、子どもたちには映画のチケットを渡し解散。

集合場所だけ決めておきました。

 

 

ちなみに、映画のお供のポップコーンなどは自分のお小遣いの範囲で考えさせます。

長女と次男は二人でお金を出し合って購入していたようです。

 

 

 

家族の好みがバラバラのときってありますよね。

食事とかはよくぶつかるポイントです。

 

 

そんなとき、まず「家族は一緒でなければならない」という固定概念を外してみます。

 

 

この日の言い出しっぺは妻です。

「私は映画を観たい!」という自分の気持ちの表明からスタートしています。

 

 

 

「私は映画に行くけど、みんなはどうする?」です。

 

 

 

「行きたければ行けばいいし、

 行きたくなければ行かなくていい」

 

というスタンスです。

 

 

「行くor行かない」その子の選択です。

そして、「何を観るか?」もそれぞれの選択です。

 

 

子どもの選択に親が合わせる必要はないし、親の選択に子どもが合わせる必要もありません。

 

 

自分で決めて、自分に責任をもつ。

こういう経験が子どもたちには必要なんですね。

 

 

ちなみに、この日もっとも主体性がなかったのは僕かもしれませんね。

 

「お母さんに付き合うわ」(笑)

 

 

いやいや。

僕は妻に付き合いたかったの。

これは「愛の選択」ですぞ。

 

 

あなたに贈る魔法の質問

 どんな選択肢がありますか?

 

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。