親の呪縛に苦しんでいるあなたへ

小学生の女の子とお母さん

あるお母さんは、

有名な私立中学校に入りました。

親の希望に忠実に生き、

エスカレーター式に高校へ進み、

エスカレーター式に大学に進み。

 

 

自分の人生を選択させてもらえなかった。

そのことだけが心残りだったそうです。

 

 

あるお母さんは、

ご両親から「成績トップでいること」を要求されました。

 

 

その思いに応え、

寝る時間を削って勉強に励みました。

 

 

その結果、

成績は優秀になり、

優秀な大学に進んだけれど。

 

 

心の体調を崩しました。

やはり、幸福感を味わいづらかったそうです。

 

 

あるお母さんは、

「ちゃんとしなさい、ちゃんとしなさい」

と言われて育ちました。

 

 

もっと自由に生きたかったのに。

その翼はもがれ、手枷足枷をつけられて。

やりたいことをやらず、

親の言うなりになって育ちました。

 

 

今、そんなお母さんが増えています。

 

 

「正しさ」の押し売り。

「ああしなさい」

「こうしなさい」

と言われて育つ。

これはもう、親の呪縛。

不幸の連鎖です。

 

 

あるお母さんは、

子どものことが不安でいっぱいです。

心配で心配で仕方がない。

 

 

それで、あれやこれやと習い事を始める。

早期教育をさせなきゃ。

学習塾に入れなきゃ。

優秀な子を育てなきゃ。

 

 

みんな「いいお母さん」になろうと必死になります。

子どもの評価を自分の評価のように感じ、

必死になって心と身体を削ります。

 

 

子どもにとっても、

お母さんにとっても、

これはとても不幸なことです。

 

 

前述のお母さんもまた、

そんなお母さんの一人でした。

 

 

自分が親にされてきたことと同じように、

子育てをしました。

 

 

早く勉強させなきゃ!

優秀な子どもに育てなきゃ!

 

 

そう思って、

必死に「いいお母さん」を目指しました。

 

 

そんなあるときです。

子どもにチックの症状が出ました。

子どもの顔が苦しそうに歪んで見えました。

 

 

ハッと気づいたのだそうです。

私と同じだ…って。

 

 

▽メルマガのご登録はこちら▽

 

子どものころ。

そう、それは苦しかったあのころ。

 

 

子どもは子どもらしく生きるのが一番です。

でも、子どもらしく生きさせてもらえなかったあのころ。

 

 

やりたくもない勉強をさせられ、

やりたくもない習い事をさせられ、

親の希望を必死に叶えようとしていたあのころです。

 

 

親が子どもを育ててるんじゃない。

子どもに育てられて、僕らは親になるのです。

 

 

そのお母さんは子どもの姿から学んだんだそうです。

それからは、子育てが俄然楽しくなりました。

この子が笑っている、

それが幸せ。

 

 

だって、

あのころの私も、

ただお母さんと笑っていたかったんだもん。

 

 

まず、この子が幸せだったら、

それでいいじゃないかって気づいたら

楽になった。

 

子育てに迷ったときに出会いたい100の言葉

この子は今日、どんな表情を見せているだろう?

 

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。