多忙な毎日に「ゆとり」を生み出す、魔法の仕事術

「すき間専用の仕事」で時間を生み出し、子どもに寄り添う時間を生み出す

時間がないと、指導が雑になる

 

あれもこれもやらなきゃいけない多忙な毎日。


「やらなきゃいけない仕事」に追われ、

「やりたい仕事」は手つかずのまま。

 

時間がないと、気持ちが焦ります。

本当はもっと寄り添いたいのに、

本当はもっと話を聴いてあげたいのに、

力づくの指導になってしまいます。

 


「ハッピーな先生」になるためのポイントの一つは、

「いかにして時間を生み出すか」にあると思っています。

 

 

すきま専用の仕事

 

時間を生み出す方法の一つは、

すき間の時間のために「すき間専用の仕事」を用意しておくこと。

 

ちょっと余った1~2分間。

この時間をどう活用するしますか?

 

お茶飲んで、ため息ついて、

「さぁ、授業か」ってつぶやいて終わり…、

という人はいませんか?

 

その積み重ねが、

学期末の忙しさを生んでしまうのです。

 

子どもたちに伝える言葉があります。

『時間はだれにでも平等だよ』

『コツコツやっていかないと、後で困るのは自分だよ』

 

1〜2分でできる「すき間専用の仕事」を作ってみる。

限られた時間を、隅々まで有効に使うことが大切です。

 

 

僕の「すき間専用の仕事」

 

デスクトップにいつも『通知表』の所見入力画面を表示しています。

そこに、ふと落ち着いた瞬間に、

所見を1文でいいから書くんです。

そうやってコツコツ書いていくと

6月の終わりには『1学期の所見』が完成しています。

 

7月に入ったら文章の体裁を整えて終わりです。

 

それで、ちょっと書きにくいなぁ…という子もいますよね。

一日中、その子のことばかり「じ~っ」っと眺めてみてください。

書けることだらけです。

 

『所見』は貯金箱に貯金するようにコツコツ

暇を見つめて一文だけ書いてみる。

 

『所見』が苦しくなくなります。

 

 

 

ハッピーな先生になるためのステップ

『すき間専用の仕事』を用意しておく。

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者600人超のワークショップ『子どもとつながるリレーションシップ講座』を全国で開催。

9月1日は統計上子どもの自殺が最も多い日であるということを知り、2016年クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年、刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。

2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースした。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。現在は3期目、カレッジ生は30名いる。

3児の父でもある。