校則が変わらない本当の理由

問題な校則

校則についての議論が後を尽きない。

学校の体たらく、

先生の感覚のズレ、

時代遅れ。

 

 

訳知り顔で、

そうおっしゃる専門家も多い。

 

 

だが、

本物の校則をちゃんと読んだことのある人は少ない。

マスメディアに「切り取られた一部」を見せられて、ジャッジをしていることがほとんどだ。

 

 

僕が知っている範囲で言えば、校則には「変更・新設」(←表現は異なるかもしれないが)するための条項があるはずだ。

 

 

それがないと、新設も変更もできないのだから、普通はどこの校則にでもある。

 

割と多いパターンは、「生徒議会(生徒会)などで審議し、その後生徒総会で可決し、職員会議で了承され、校長が認める」的な、まるで国会のようなクソ長い手続きが必要である。

 

 

学校が社会を学ぶ場所である以上、そういった手続きを踏むし、そういった手続きが必要だからこそ、理不尽なルールを新しく生みづらくなっている。

 

 

独裁政治を生み出さない社会の仕組みを学んでいるとも言える。

正当な手続きなしにルール変更などあり得ないのだ。

 

 

だって、ここは日本。

法治国家だもん。

 

 

そう、学校は教育機関であり、社会に出る準備を進める場所なのだ。

 

 

さて、僕は「生徒指導主事」という、いわば「校則」を守らせる側にいた人間である。

だが、できるだけ校則を軽くするように動いてきた人間でもある。

 

 

なぜならば、ルールが複雑なほど指導内容が増えるからである。

「前髪が眉毛にかかってはいけない」というルールがあるから、前髪が眉毛にかかることを指導をしなければならない。

そんなルールがなければ、前髪が床に届いていようが、指導しなくてもすむ。

 

 

ルールは少ないほど良い。

そんなわけで、生徒にはどんどん理不尽なルールを改めさせようとした。

 

 

ところが、である。

子どもたちは動こうとしない。

 

 

生徒会役員をやるのは、中2の後期や中3の前期である。

苦労して校則を変えたところで、その成果は自分たちの代で生かされる可能性は低い。

 

 

なにより、「なんで俺らがそんなに苦労して校則変えなきゃいかんのよ」という感じがある。

ルールは嫌だけど、苦労してまでルールを変えたいとは思わない。

 

 

誰かが変えてくれるなら変えてほしいけど、動くのは嫌だ。

そんなめんどくささがありありと伝わってきた。

 

 

ルールがあるのだから、正当なやり方でルールを変えようぜ、というのだが、全然乗ってこないのだ。

 

 

この空気感。

大人の空気と一緒だよ。

 

 

「日本の政治は間違ってるーーっ!」とか言うクセに選挙には行かない。

まして、立候補などしない。

 

 

文句は言うけど、我関せず。

対岸の火事。

 

 

「校則、おかしいっすよ!」っていう子どもたちに、「じゃあ生徒会動かして校則変えろよ」と言うと、「いや、めんどくさいっす」となる。

「日本、おかしいっすよ!」っていう大人に、「せめて選挙に行けよ」と言うと、「いや、めんどくさっす」となる。

 

 

あー、これが日本だよ。

文句は言うけど、動かない。

主張だけして、責任は取らない。

 

 

たまに、本気で動くやつがいて、

学校が変わる。

 

 

先生の働き方とかも、

本気で動く校長とかがいて変わる。

 

 

 

でも、あんまり本気のヤツっていない。 

 

 

結局、この世界は本気のヤツが動かすのよ。

で、大抵のヤツは冷めてるのよ。

本気にゃなれないんだな。

 

 

なあ、本気になろうぜ。

校則がおかしい?

 

 

だったら変えようぜ!

それを学ぶのも学校だろ?

 

 

俺はそう思うんだ。

 

 

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。