秘儀!!マシュマロで病院送り♬


発端はマシュマロでした。

 

 

あなたはマシュマロが好きですか?

マシュマロを、甘く見てはいけません。

甘いですが、甘く見てはいけません。

 

 

今日お話したいのは、

マシュマロで病院送りになった男の物語です。

 

 

マシュマロは、

そのまま食べても大変美味しい

おやつです。

 

  

さらに、美味しく食べる方法があります。

それは火に炙りトロトロの

焼きマシュマロにすることです。

 

 

もう、トロトロ。

からの、アマアマ。

最高です。

 

 

トロトロというのは、

大変扱いにくいものですね。

串に収まってくれません。

 

 

夫の範疇に収まらない妻のように

トロトロのマシュマロは

収まってくれないのです。

 

 

 

そんなトロトロが

内モモに落下して、

ジュクジュク。

 

 

皮膚、溶けてますよ!!

 

 

急速に冷やされたトロトロは、

一瞬でカリカリ。

熱したマシュマロは肌に張り付いて剥がれません。

 

 

 

ところが、です。

アルコールは人を魔物に変えます。

魔物は火炎攻撃などビクともしません。

 

 

泥酔していた彼は

そんな重度の火傷を

まったく気にも留めませんでした。

 

 

持ち前の楽天的な性格が、つい彼に

(朝になったら剥がそう…)

と思わせたのです。

 

 

果たして翌朝、激痛で目覚めることになります。

 

 

最悪なのはそこから。

連日の講座。

そのほとんど1DAY講座。

立ちっぱなし。

 

 

加えて北海道に、岡山。

足の傷はどんどん悪化していきます。

 

 

膝裏だった傷なのに、なぜか痛みは内腿全面。

いわゆるリンパ節が張っている感じ。

毎日、足を引きずって講座開催。

 

 

妙なときだけプロ根性を見せます。

 

 

続いて、他の傷口が膿み出す。

変な汁がいっぱい出てくる。

 

 

唾液を飲み込むのも苦しいほどの喉の痛み。

そして、38℃を超える高熱。

 

 

今度は怪我をしていない関節まで腫れてきて、

歩行すら難しい。

足を引きずって歩くことすら困難に…。

 

 

そんなときほど、

Googleです。

 

 

「傷口 膿む 腫れ 発熱」

そんな検索ワードで出てきた言葉は

「人食いバクテリア」

 

 

えっ?

 

 

マジで?

 

 

死ぬこと、あるの?

足と手ならまだ安心!

 

 

切断すればいいんだって!

 

 

えっ?

切断?

 

 

笑えないじゃん…。

 

 

病院行こう…。

いや、マジで病院行こう。

 

 

そんなわけで、

マシュマロで病院送りになりました。

 

 

結果、お医者さまが超真顔で

「重症ですね」とポツリ。

 

 

そこは笑って言おうや。

そこ、真顔で言われたら、マジなヤツやん。

本当に重症みたいやん?

 

 

えっ?

あっ…そう…。

重症なのね。

 

 

はい、わかりました。

薬、塗ります。

薬、飲みます。

もうなんなら、決められた量の2倍でも3倍でも飲みます。

 

 

えっ?

飲みすぎちゃダメ?

 

 

わかりました。

真面目に治療します。(仕事は休みませんけど)

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。