「手伝って」が言えなくて


うちの妻は「手伝って」と言えません。

僕は「手伝って」と言ってほしい。

 

 

洗濯物を洗濯機にかけたけれど、出発まで1時間しかない。

僕からすると、(なぜこのタイミングで洗濯?)と思うのだけど。

それで案の定、出かけにバタバタと洗濯物を干し出す。

 

 

「手伝って」って言えばいいのにな。

そんなことを感じながら眺めている。

 

 

察しても動かない。

そう、僕はダメ夫。

 

 

(手伝っての一言がなぜ言えないのか?)

 

 

そう思って口に出してみるけれど、「大丈夫!」と一言。

時計を見る限り全然大丈夫じゃない。

 

 

それで僕はしぶしぶ「僕が干しておこうか?」と尋ねる。

「ありがとう!じゃあ、言ってくる」

そう言い残して家を出ていく彼女。

 

 

素でやってるのか、意図してなのか。

「手伝って」と言わなくても手伝わせる才能をもっているようなのです。

 

 

 

あるときなどは洗い終わった洗濯物がカゴにドカンと入っている。

その状態で「行ってきま~す」と言い残して出かけていく。

 

 

知ってか、知らずか。

干し忘れか、意図的か。

 

 

それはわからないけれど。

洗い立ての洗濯物が入ったカゴを見て、黙って干していくのです。

 

 

夫婦2人。

すべての家事を「100」とする。

 

 

彼女が「60」ならば僕は「40」ですし、僕が「60」ならば、彼女は「40」です。

50:50(フィフティーンフィフティーン)でなくとも良い。

 

 

足して100なら良いのです。

 

 

今日は妻、明日は僕。

そうやって補い合えばいいのです。

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。