【STR的進路指導】△タイプは「夢」を語り、□タイプは「目標」を論じる。


「□タイプ」の先生が、進路指導で「△タイプ」の生徒に苦労しているというお話を伺いました。

彼女曰く「全然現実を見てなくて夢ばかり語る」のだそうです。

 

 

中学校3年生。

進路指導。

確かに指導する立場としては、学習成績と自分の学力の余白を考慮して、現実的な選択をしてもらいたいものです。

 

成績を一目見れば、だいたいこのぐらいの高等学校や専門学校に進むんだろうな…と予測が立ってしまうのが、長年中学校教員をしてきた僕らの嫌な癖だったりもします。

 

 

もちろん可能性を信じたい。

でも、高校入試で浪人する生徒はまずいないように、受験校決定のリミットまでに現実的な受験校選びをさせていく必要があります。

 

 

そういう「現実的なお話」をいち早く理解できるのは「□タイプ」です。

インターネットや「進路の手引き」「高校ガイド」などで調べ、わりと現実的な選択をしてきます。

 

 

なかなか方向性が見えず、周囲の言葉に流されながら、あっちへ行ったりこっちへ行ったりするのが「◯タイプ」。

話を聞いてあげて、頭の中を整理させてあげると良いかもしれませんね。

 

 

こちらの意見に流されやすいですから、「最後まで聞いてあげる」という気持ちが指導する側にも必要です。

 

 

で、問題は「△タイプ」です。

彼らは「夢」を語ります。

できもしないこと、現実的ではないことを、瞳を輝かせて語ります。

 

 

「□タイプ」の先生としては

(はぁっ?なに言ってんの?成績表、見たことあります?)

と感じてしまうのも無理ありません。

 

 

「△タイプ」の生徒に「△タイプ」の保護者だったりすると、もうお手上げです。

「学習塾の先生には大丈夫って言われたんですよ!」とか、

「先生が子どもの可能性を信じなくてどうするんですか?」とか、

「この子の夢を応援してください!」とか。

まあ、僕も散々言われた経験があります(笑)

 

 

覚えておいてください。

「△タイプ」は夢を語ります。

それをどうか心から「いいね」という気持ちで応援してあげてください。

 

 

合格するか、しないか。

それは別問題として、語っているのは「目標」ではなく「夢」なので、応援してあげてほしいのです。

 

 

そのうえで、ここからはプロ教師として、交渉ですね。

現実的な「滑り止め」を1校だけは入れてもらうよう上手に話をして、あとは「どうぞチャレンジしてください」で良いのです。

 

 

「□タイプ」が話す「現実的な話」は、「△タイプ」にとってカケラも面白くない話なんですね。

だから、こちらがどれだけエネルギーをかけて話をしても右の耳から左の耳へ抜けていってしまいます。

 

 

我が家でも、こんなことがありました。

ちょうど娘が中学生になって初めての定期テストのときでした。

「□タイプ」の兄が「△タイプ」の妹に尋ねるんですね。

 

兄「なぁ、テストの目標は何番だ?」

妹「えっ⁉︎そりゃ1番でしょ?」

兄「はあ?そんな勉強法で1番なんか無理だし」

妹「はあ?ウザいんだけど…」

 

 

隣で聞いてて、笑ってしまいました。

「□タイプ」の兄は現実を語り、「△タイプ」の妹は夢を語っているわけです。

「できること」を「目標」と呼ぶ「□タイプ」と、「できるかできないか」はどうでもいい「△タイプ」が、同じテーマで語り合うと、こんな風にすれ違うんだなぁ…と思いました。

 

 

人間関係の教科書

「夢」を語る人に「現実」を見せるのは愚策です。

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。