他人と正しさに触れると自分が否定された気持ちになる。

読書感想文

昨日配信したTikTok動画が物議を醸しているみたい。

ちなみにタブレット育児の動画ね。

 

https://vt.tiktok.com/ZSqpDXY3/

 

問題

育児でできるだけ使わないほうがいいアイテムはどれ?

 

 

小さいときは

脳が一番成長するとき

 

四足歩行から二足歩行に進化した結果

骨盤が狭まり産道が細くなったのね

 

だから

赤ちゃんは小さな頭で

生まれるようになった

 

赤ちゃんの頭が柔らかいのは

脳が急速に大きくなるために

ゆとりを作っているらしいんだけど

 

生まれたあとは

体より脳の成長を優先させる

 

だからタブレットは

どうしても手が離せないときの

お助けアイテムに使ってほしい

 

タブレットを使うな、とは言ってないんだけどね。

それに頼りきりのほったらかしはダメよ、って感じなんだけど。

 

 

みんな正解を求めすぎるんだよね。

正しいことをしようとし過ぎる。

 

 

正しいこと以外は悪いことって考える。

これが苦しい生き方を生むのよ。

 

 

正しいことをしようとするし、それに外れる他者を見ると否定したくなるし、正したくなる。

その生き方は面倒臭い。

 

 

僕ね、我が子たちによく言うの。

「その頭で考えなさい」って。

 

 

たとえばコロナね。

コロナは怖いのか、怖くないのか。

マスクはつけた方がいいのか、いけないのか。

ワクチンは打った方がいいのか、打たない方がいいのか。

 

 

いろんな情報が飛び交っていて、その情報に振り回される。

親としては子どもにも、自分の考えを押し付けたくなる。

 

 

でもね、僕は我が子たちに両方の意見を知りなさいと言う。

ネット検索は、自分が知りたい情報ではなく見たい情報が出てくる。

 

 

「コロナが怖い」と思っている人はそういう検索ワードで検索するから、「コロナが怖い」という情報が並ぶ。

「コロナは怖くない」と思っている人はそういう検索ワードで検索するから、「コロナは怖くない」という情報が並ぶ。

 

 

そして、みんな、自分の正しさを主張する。

ネットから得たものでエビデンスが取れた、自分は多数派だと錯覚する。

SNSなんかも情報源が近い人たちでコミュニティができあがってるから、その錯覚を起こしやすい。

 

 

本当はその頭でちゃんと考えることが重要なのだ。

 

 

タブレットが悪いと言われればタブレットを辞め、タブレットがいいと言われればタブレットを始め、では情報に振り回されてしまう。

 

 

「なぜダメなんですか?」

 

そんな質問が届くたび、僕はダメだと言ってるわけじゃないんだけどな、と思う。

上手に使おうと言っているに過ぎない。

 

 

でも、タブレットを子どもに与えている親にとっては、自分を否定されているような気持ちになるのだろう。

 

 

 

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。