やりたいことがあるのに、勇気が出ない!そんなときは考える要素を減らすのさ


やりたいことがある。

でも、前に進めないことってあるよね。

 

 

勇気が出ない。

失敗したらどうしようって不安になる。

そんなとき、どうすれば良いか。

 

 

これはね、もう、とにかく「考える要素」をなくすことです。

考えなくてもいいことは考えないように心がけましょう。

 

 

未来のことなんて、誰にもわかりません。

どれだけ用意周到に準備を進めても失敗することはあるし。

テキトーにやって、たまたまうまくいくこともあります。

 

 

考えたってわからない。

未来は想像通りには進みません。

だからこそ、面白いんです。

 

 

未来への不安。

こういうことは考えるだけ無駄です。

考えてもわからないことは考えない、が正解です。

 

 

そのかわり、リスクマネージメントはちゃんとしておきましょう。

備えです。

備えだけはちゃんとしておくんですね。

 

 

例えば、地震です。

地震が「来る」「来る」「来る」と言われて久しいわけでございますがね。

「地震が起きたらどうしよう?」と考えるのは無駄です。

心が擦り減っていきますわな。

 

 

だから、「地震が来たらどうしよう」なんて不安がる必要はありません。

考えたって考えなくたって、来るときは来るんです。

考えてもどうしようもない。

だから、考えない。

 

 

 

でも、「地震が起きたときの備え」は準備しておく必要があります。

避難経路考えたり、災害バック用意したり。

それは必要なこと。

で、準備したらもう終わりです。

考えたって仕方がありません。

 

 

だから、もう考えない。

考える要素をなくしていくんですね。

 

 

 

起業だって同じ。

恋も結婚も同じ。

なんだって同じですよ。

 

 

一歩進めないとき、不安がやって来ます。

「失敗したらどうしよう」という不安です。

 

 

それ、考えたって仕方がないんだから。

「備え」だけ心がけて、あとは考えても仕方がないことは考えないんです。

どうぜすべてはうまくいくようにできているのですから。

 

 

魔法の質問

すべてがうまくいくとしたら、何をしてみますか?

 

 

くればやし ひろあき

1978年生まれ 名古屋市出身
名古屋市立の中学校と上海日本人学校にて、合計16年間生徒指導に携わってきた人間関係づくりの専門家。
独立後、社会起業家としてクラウドファンディングを行い、愛知県内8会場で映画上映会を主催。『子育て万博 』をプロデュースしてテーマソングCD『ありがとう』や『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
全国でセミナーを開催し、年間100家族以上を家族診断。企業コンサルティング及び企業研修を行う。2020年コロナ禍の中、業績を伸ばし続けたことを機に、株式会社ミナクル組織研究所をスタート アップした。