人生は3万日の旅〜やりたいことをやって生きよう〜

女性との会話

人生は3万日の旅である。

今日、僕が生まれてから15,485日が経過した。

時間にして371,706時間、22,302,360分、1,338,141,600秒。

 

 

人生は3万日の旅である。

最初の1万日は成長の旅だ。

よく食べ、よく動き、よく学ぶ。

仲間をつくり、切磋琢磨し合い、青春を謳歌する。

 

 

人生は3万日の旅である。

次の1万日は充実の旅である。

よく働き、家族をつくり、次の時代に子孫を残す。

 

 

だが、忘れてはならないのは最後の1万日である。

人生を2泊3日に喩えるならば、3日目が味気ないものになれば、旅そのものが悪い思い出へと変わってします。

 

 

僕らは真ん中の1万日のために、最初の1万日を過ごす。

良い就職先を見つけるため、良い学校に入ろうとする。

良き伴侶を見つけるため、容姿を気にしたりもする。

 

 

だが、最後の1万日を過ごすために今をどう生きるか。

このことについて、あまりにも無頓着ではないだろうか。

 

 

お年寄りの80%が後悔すること。

それは「もっと冒険しておけばよかった」ということ。

 

 

人生は3万日の旅である。

旅の終わりに振り返ったとき「良き人生だった」と思えるのは、たぶん「安定の旅」ではないんだろう。

「やりたいこと」を精一杯やって、たくさん失敗してたくさん失敗して。

そのたびに立ち上がり、また前を向いて歩き出す。

 

 

辛酸を舐めた経験だって振り返れば笑い話。

そうやってネタ作りに励みながら人生の最後の1万日にたどり着くのだ。

 

 

定年が60歳、65歳、70歳とだんだん伸びてきた。

今後、僕らが年齢を重ねるにつれ、75歳、80歳、つまりは死ぬまで働くことになるのではないだろうかと思う。

 

だからこそ、やりたいことを仕事にしたい。

好きで得意で無理なくできることを仕事にしたい。

 

 

お金のために仕事を選ぶのではなく、人生をより良きものにするために仕事を選びたい。

人生において多くの時間を費やす「仕事」を、我慢の連続にしてはいけない。

 

 

人生は3万日の旅である。

その3分の2が「仕事」をする時代である。

我慢で覆い尽くされた人生では味気ない。

 

 

やりたいことをやろう。

冒険しよう。

 

 
 
くればやし ひろあき

1978年生まれ 名古屋市出身
名古屋市立の中学校と上海日本人学校にて、合計16年間生徒指導に携わってきた人間関係づくりの専門家。
独立後、社会起業家としてクラウドファンディングを行い、愛知県内8会場で映画上映会を主催。『子育て万博 』をプロデュースしてテーマソングCD『ありがとう』や『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
全国でセミナーを開催し、年間100家族以上を家族診断。企業コンサルティング及び企業研修を行う。2020年コロナ禍の中、業績を伸ばし続けたことを機に、株式会社ミナクル組織研究所をスタート アップした。